ブログ

月別アーカイブ: 2019年12月

おはようございます。

20191227_084944.jpg

おはようございます。
古川です。

早いもので、
今年最後のブログ当番になりました。

振り返れば、
今年も、目一杯、
大勢の人達に
助けてもらってばかりの
1年でした。

本当に感謝しか
ございません。

感謝の気持ちを忘れずに、

来年は、ちょっぴり
成長できれば良いなぁ!
と思っています。

今年も1年間
ありがとうございました。

来年も、
リップグループを
よろしくお願い致します。

こんばんわ。

20191218_124213.jpg

こんばんわ。古川です。

もう、完全に年末な
雰囲気ですね!

何気に焦っています……。

そんな今週は、
前廻りの修理や、
エアロパーツの取り付けや修理等を
させてもらっていました。

今年も残す所10 日程です。

1台でも多く納車できる様に、 明日からも
コツコツと取り組んでいこうと思います。

今週も1週間
ありがとうございました。

カプチーノ ペイント

image1_2.jpeg

スタッフの柴田です!

今週はスズキ カプチーノの下回りのペイント作業をさせていただきました!

錆びを落としてペイント後、防サビ処理をさせていただきました!

クリヤーの防サビなので目立たないのでオススメです!

シート、内装 張替え、修理に使用する糸について

こんにちは、RIP内装部門のケイファイブの黒瀬です。

当社の張替えで使用している素材の中でも、今回は、

糸について紹介させて頂きます。

本革や布地など張替え修理に使用する素材に拘られるお客様は、多くおられますが、

糸の色や太さは考えられると思いますが、ほとんどの場合、耐候性や耐摩耗性までは考えておられない場合が多いと思います。

しかし、せっかく生地の種類や色を決めて張替えさせて頂いても、耐候性や耐摩耗性の低い糸で張替えてしまうと、生地より糸の方が先にダメになる事もあります。具体的には、縫い合せやステッチ糸が切れたり、乗り降りなどの摩擦でささくれてきたりします。また、ダッシュボードやドア内貼りの上面などは、太陽光(紫外線)の影響を受けやすい場所では、ステッチ糸の色褪せも起こります。

そこで、当社では、車両用のAMANN Serafil (アマン社 セラフィル)という糸の車両用のものを在庫して使用させて頂いております。この糸は、欧州の自動車メーカーも純正採用している糸です。耐候性、耐摩耗性なども純正同等とお考え頂いていいと思います。

当社の独自試験ですが、国産の家具の張り替えなどに使用する糸とセラフィルを日当たりのいい屋外に2年半程度置いて色褪せや劣化具合を比較しました。↓

IMG_1909 IMG_1908

それぞれ、左が国産の家具や小物用糸、右がAMANN Serafil です。

赤の方は色味が違くので比較しずらいですが、黒は、ほぼ同じ色からスタートでしたので、その差は歴然です。劣悪な条件下での比較ですので、国産の糸が悪いという事では無く、車両用に作られている糸の丈夫さを分かって頂く為に比較させて頂きました。

当店には、通常、ステッチや縫い合せで使用させて頂く太さの糸は、50色程度在庫させて頂いておりますので、その中であれば、すぐに対応可能です。在庫が無い色も、1~2ヵ月程度時間がかかることもございますが、ご用意しての張替え対応も可能です。

下は、当店の在庫色の一部です。

ライムグリーン、ピンク、ターコイズブルー、少し濃い気もしますが、ティファニーブルーに近い色などもあります。

DSC_5978 DSC_5987 DSC_5983 DSC_5985 DSC_5989 DSC_5988 AMANN Serafil

張替えの仕上がりはもちろんですが、生地、本革そして糸にも拘って、張替えさせて頂いております。

 

おはようございます。

20191212_120859.jpg

おはようございます。
古川です。

今週も、長期でのお預かりのお車の、
組み付け作業をメインに、

エアロパーツの取り付けや、
スムージング加工等を
させてもらっていました。

年内も残り数週間、

焦る気持ちもありますが、
少しでも落ち着いて、
作業していきたいと
思います。

今週も1週間
ありがとうございました。

フェラーリ 360モデナ 天井張替修理

こんにちは、RIP内装部門 K-FIVEの黒瀬です。

フェラーリ 360 モデナ 天井生地の張り替え修理をさせて頂きましたので、

紹介させて頂きます。

純正の天井生地は、メッシュの生地でしたが、今回は、イタリアのAlcantara(アルカンターラ)を使用して張替えさせて頂きました。

この車両は、ボディに直接、防音材が貼り付けられており、その上にウレタンと天井生地を貼り合わせている構造となっていますので、

手順としては、剥がれた天井生地と、ボディに貼り付けている防音材を剥がし、

天井を清掃後、防音材、ウレタン、表皮の順に貼り付けていきます。

スプレーガンを使用して、車内で接着剤を吹き付ける作業がありますので、

通常の天井板の張り替え修理と比較して、手間のかかる作業となります。

 

DSC_5960

↑張替え修理後

IMG_1753

↑防音材をボディに貼り付け直し、ウレタン貼り付け用に接着剤を塗布した状態

 

IMG_1754

↑防音材の上にウレタンを貼り付けた状態

DSC_5965

↑ウレタンの上からアルカンターラを貼り付け、パーツを元に戻して完成です。

 

国産車、輸入車問わず対応させて頂いております。

フェラーリ、ベントレー、マセラティなどの施工実績も

ございますので、お気軽にご相談下さい。

こんばんわ。

20191129_114813.jpg

こんばんわ。古川です。

今週は、
長期間のお預かりになっているお車の、
最終の組み付け作業を
メインに、

他にも、加工途中であった、エアロパーツの処理等を、させてもらっていました。

年末までに目処をつけて
おきたい作業も
ありますので、

明日からも
コツコツと取り組んで
いきたいと
思います。

今週も色々と
お仕事を依頼して下さいまして、
ありがとうございました。

トラック ペイント

image1.jpeg

スタッフの柴田です!

今週はトラックのペイントをさせていただきました!

全塗装された車両で色番号がわからなかったのですが、似た色から調色してペイントさせていただきました!

お仕事をいただきありがとうござます!!

BMW E46 M3 天井張替、サンルーフカバー張替え

RIP 内装部門 K-FIVEの黒瀬です。

BMW E46 M3 サンルーフ付き の天井張替の修理をさせて頂きましたので、紹介させて頂きます。

サンルーフの蓋の部分、ルームランプ後ろのパネル、ハイマウントストップランプのカバー部分も併せて張替えさせて頂きました。

天井、サンルーフカバーは、天井修理用のブラックの生地、ルームランプ部分、ハイマウント部分は、東レのウルトラスエードを使用しています。

DSC_5947 DSC_5949 DSC_5950

ご依頼ありがとうございました。