ブログ

エアコンガスのリフレッシュ!!

Share on Facebook
LINEで送る

春の心地よさを感じる間もなく、一気に初夏のような暑い日が続いておりますね。

日中は気温が20℃を超え、少し駐車しているだけで車内の温度も急上昇。

慌ててエアコンをONにされた方も多いのではないでしょうか!?

そんなとき、エアコンの吹き出し口から、ぬる~い風しか出なかったら、、、

 

F4547230-1591-47FF-AA92-5EDDF786BF74

今日はエアコン効きが悪いということでガス圧のチェックでグランドチェロキーが入庫。

特殊な装置を使いガスの量や圧力を測定しながら診断していきます。

DSC_1265

弊社で使用しているエアコンガスの診断機がこちら!

エアコンガスのリフレッシュチェンジャーと呼ばれる装置です。

ではエアコンガスのリフレッシュってどんなことをするの?というと、、、

お車のエアコンガスを一度、回収してガスに含まれているオイルや不純物を取り除きます。

そして車両に規定値量のエアコンガス(不純物を除去したガス+不足量)とオイルを充填することを言います。

規定値量のガスを充填することで、エアコン本来の性能を発揮します。

 

近年の車両はエアコンガスの量も細かく指定されており、たった10g入れすぎたり足りなかったりするだけで100%の冷却効果が発揮できません。

astroproducts_2007000011140136087_sub1_l

今までの一般的なマニホールドですと200gのガス缶を2本とか3本とか大まかな分量でしか注入できず、十分な冷却効果が得られないケースがありました。

DSC_1266

しかしこの装置では車両に定められた規定量のガスを1グラム単位でチャージが出来ますのでその性能をフルに発揮できます。

もちろん、本体には膨大な車両のエアコンガス量のデータが入力されており、正確なチャージが可能です。

快調に作動して冷えているように感じるエアコンでも、この装置を使用してガスのリフレッシュを行うと吹き出し口の温度が2~4℃も下がることも良くある事です。

 

温暖化の影響で近年の真夏の暑さは異常です。

規定量のガス量でカーエアコンの性能をフルに発揮してやることで、夏のドライブを快適に過ごすことが出来ます。

少し年式の経った車両ですとその効果もさらに体感しやすいですよ~。

エアコンでお困りの方!もっと効きを良くしたいという方、お気軽にご相談下さい。

 

小倉