ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

VW ゴルフ5 ドア 内貼り 張替え 修理

こんにちは、RIP 内装部門 ケイファイブ の黒瀬です。

VW ゴルフ5 ドア内貼り 張替え 修理 の紹介です。

ドアの内貼り生地が、天井と同様に、生地とベースの板の間に入っている、ウレタンスポンジの劣化により剥がれてきます。

当店では、ドアの内貼りを分解して、張替え修理を行います。

一旦、生地の剥がれている部品をドアの内貼り本体から分離し、清掃、下地処理を行って、修理用の生地を接着剤で貼り付け、ドア内貼りに組付けます。

DSC_6136 DSC_6135

 

VW ゴルフは、4,5,6ともにご相談が多い修理箇所です。

VW以外にも、アウディ、メルセデスベンツ、BMW、MINI、アルファロメオ、フィアットなどの輸入車、国産車問わず対応させて頂いております。

お問合せお待ちしております。

VW ゴルフ5 天井 修理 張替え 

こんにちは、RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

VW ゴルフ5 の天井張替え修理の施工させて頂きましたので、

紹介させて頂きます。

張替え後↓

DSC_6137

施工方法のしては、お車をお預かりし、天井板を取り外し、

剥がれている生地を剥がし、天井板を綺麗に清掃し、

新たに、修理用の生地を接着剤で貼り付け、張替えの終わった

天井板を車両に戻して、部品を組付け、完成となります。

車種によっては、ガラスの脱着をお勧めさせて頂く車両や、

天井を外す為に取り外す部品が多い為、手間のかかる車両も

御座いますので、施工価格については、お問合せ下さい。

三菱 ジープ 幌 製作 張替え 修理

こんにちは、RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

三菱 JEEP 幌 の製作ご依頼を頂きました。

元々付いていた幌は、十数年前に他のお店で製作されたそうですが、

製作された内装屋さんが閉店されたという事で、ご依頼頂きました。

基本的なデザインは、元々付いていた幌と同様に製作させて頂きました。

同等のデザインで製作の場合でも、型取り、採寸、仮縫い、仮合わせなどをして

製作を進めて行きますので、手間のかかる作業です。

張替え後↓

 

DSC_6152 DSC_6153 DSC_6154 DSC_6155

張替え前↓

DSC_5597 DSC_5598 DSC_5604

ご依頼ありがとうございました。

ベントレー フライングスパー 天井 本革貼り直し 修理

こんにちは、RIP 内装部門 ケイファイブ の黒瀬です。

ベントレー フライングスパー の 天井修理の紹介をさせて頂きます。

純正で貼られている本革を再使用して貼り直します。天井板と本革の間に

入っているウレタン(スポンジ)が劣化してボロボロになり剥がれてきている場合が

多いので、純正のウレタンを除去して、新たにウレタンを入れて貼り直しますので、

見た目も純正とほとんど変わらない仕上がりとなります。

本革が劣化している場合は、本革が再使用出来ない場合もございますので、

施工の可否は、実車確認が必要です。

貼り直し後↓

ベントレー天井貼り直し DSC_2699

修理前↓

DSC_2694

お問合せお待ちしております。

三菱 ジープ 幌 製作

こんにちは、RIP内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

三菱 ジープ 幌製作のご依頼でお預かりです。

かなり前に張替えられて、何度も補修しながらお使いになられて

おられた様ですが、生地とスクリーンが硬化し、限界という事で、

再製作のご依頼を頂きました。

これから、作業に入っていきます。

完成しましたら、改めて紹介させて頂きます。

DSC_5597 DSC_5598 DSC_5604

レカロ SR-Ⅵ (SR-6 SR6)張替え

こんにちは、RIP 内装部門 K-fiveの黒瀬です。

RECARO SR-6 の張替えを施工させて頂きましたので紹介させて頂きます。

取付車両は、BMW (F87) M2 competition です。

純正のアルカンターラとステッチカラーを元に使用する素材を選択させて頂き、

シート2脚を張替えさせて頂きました。

DSC_6113

本革は、Bridge of Weir(スコットランド)、スエード部分は、Alcantara(イタリア)、縫い合せ、ステッチ糸は、AMANN Serafil (ドイツ)のものを使用して張替えています。

ステッチ糸やアルカンターラは、純正とほぼ同じ色でしたので、純正内装と合っていて、統一感が出ていると思います。

シートの張替えパターンは、オーナー様のご希望で、今までにあまり見たことが無いデザインという事で、デザインは、当社でさせて頂き、張替え施工させて頂きました。

本革へのパンチング加工や、刺繍、レーザー加工、パイピングや一部パーツの色を変える

など、様々な技術や加工を使って仕上げています。

パッと見ると黒色で、あまり派手なシートではないかもしれませんが、当社の拘りが詰まった、今までにあまり見たことの無いデザインのシートに仕上がったのでは無いかと思います。

通常のシート張替えと比較すると、何倍も手間をかけて張替えておりますので、張替え価格も通常の張替えと比較するとかなり高額になりますが、他にはないシートや、内装張替えをお考えの方は、是非、一度当社までお問合せ下さい。

職人が一台、一台丁寧に張替えさせて頂きます。

DSC_6114 DSC_6126 DSC_6127 DSC_6119 DSC_6117

バケットシート張替え、修理

こんにちは、RIP内装部門のケイファイブ 黒瀬です。

今日は、バケットシートの張替えを紹介させて頂きます。

バケットシート(今回は、フルバケ)の張替えで、多くご依頼頂くのが、

純正の生地から、本革、スエード調生地、合皮など、違う生地への張替えです。

性質(伸縮率や生地のコシなど)の違う生地で張替える場合、

元々使われていた生地と同じ形状で表皮を作っても綺麗に貼る事は出来ません。

形が合わずに、たるみやシワが出来てしまいます。

この場合、生地の性質や張替えるシートに合わせて、各パーツの形状や縫製パターンを

修正して、製作していきます。

 

元々の生地に似た性質の生地で張替える場合と比べると、何倍も時間がかかる場合が、ありますが、綺麗に仕上げる為には、欠かせない作業になります。

下記のシートは、レカロ(SP-G)とレカロ(ポルシェ911 996 GT3 純正バケットシート)を合皮とスエード調生地、本革で張替えさせて頂いた物になります。

DSCN9339 DSCN9333 DSCN9334 DSCN9335

↑RECARO SP-G (生地 シェル:合皮 クッション:東レ ultrasuede)

 

IMG_1541 IMG_1544

↑RECARO PORSCHE 911 996 GT3 (生地 シェル:本革(スコットランド) クッション:東レ ウルトラスエード(パンチング加工品))

 

純正の内装に雰囲気を合せてバケットシートの張替えや内装全てを張替えなどの

対応させて頂いております。お問合せお待ちしております。

旧車 クラシックカー 内装張替え 修理について

こんにちは、RIP内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

クラシックカー、ヒストリックカーの内装の張替え修理は、

 

ケイファイブにお任せ下さい。

ポルシェやフェラーリ、ベントレー、マセラティなど

車種問わず対応させて頂ていおります。

 

DSC_2662 DSC_4499 DSC_5404 DSC_5405 DSC_5407 DSC_5739

BMW E46 M3 天井、ピラー アルカンターラ 張替え

こんにちは、RIP 内装部門ケイファイブ の黒瀬です。

BMW E46 M3 の天井、ピラー、サンルーフカバー部分を全て、イタリアのアルカンターラで張替えさせて頂きました。

アルカンターラを使用して、天井を張替える場合、凹凸が多き場合、型取りをして、

天井の形状に合わせて縫製してから、生地を貼って行きますので、手間がかかりますので、その分、費用もかかりますが、仕上がりは、天井修理用の生地て張替えた場合と比べると高級感がある仕上がりになります。

今回は、ピラーから上のサンバイザー以外をアルカンターラで張替え施工させて頂きましたので、かなり雰囲気が変わりました。

DSC_5992 DSC_5995 DSC_5997 DSC_5998 DSC_5999

ありがとうございました。

車種、年式問わず、張替え、修理対応させて頂いております。お問合せお待ちしております。

ダイハツ ミゼット シート 張替え 修理 再塗装

こんにちは、RIP内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

ダイハツ ミゼットのシート 座面 を張替え修理させて頂きましたので、

紹介させて頂きます。内部のウレタンも全て新品で作りなおしさせて頂きました。

フレームも防錆塗装と純正色に近い色を配合して塗装してから張替えております。

DSC_6007 DSC_6006 DSC_6004 DSC_6005

これで、また、長く使って頂けるとお思います。ありがとうございました。