ブログ

マセラティ クアトロポルテ 内装 ベタつき 修理 

Share on Facebook
LINEで送る

こんにちは、RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

マセラティ 内装の塗装パネルの経年劣化によるベタつき

修理の紹介です。

当社では、車両から取り外し、分解可能な部分は、出来るだけ分解し、

ベタつきの原因となっている塗装を丁寧に除去し、再塗装して修理を

行います。手間はかかりますが、今後、ベタつきの再発生の心配は、

殆どありませんので、これからも大切に長くお乗りになられる予定の

場合におすすめの修理方法だと思います。

↓再塗装 修理前

IMG_1368 IMG_1369 IMG_1370 IMG_1371

↓ 結構、分解します。

IMG_1385 IMG_1401

 

↓ 再塗装 修理後 完成画像

DSC_3476 DSC_3475 DSC_3474 DSC_3473 DSC_3472 DSC_3471 DSC_3470 DSC_3469

 

マセラティ グランツーリズモや

マセラティ以外の、VW、BMW、アウディ、フェラーリ、ランボルギーニ等

内装のベタベタで、お困りの際は、是非当社にお問合せ下さい。

大切なお車、丁寧に修理させて頂きます。