施工事例| RIPリップ – JUST BALANCE

施工事例

ポルシェ987ケイマン:ブレーキパッド交換

スタッフ吉田です。
今回はポルシェ987ケイマン
ブレーキパッド、ホース交換の御用命を頂きました。


交換する
パッド(プロジェクトμ)
ブレーキホース(ロートラ)
パッドセンサーです。

サーキットも走行されるとの事ですので、
ブレーキオイルはWAKOS SP-4でエア抜きしました。
お仕事ありがとうございます。

アバルト695:レカロ・スポーツスター取付

RIP広報の原です。
アバルト695にレカロシートを取り付けさせていただきましたので、ご紹介いたします。

サーキット走行の経験値も上がり、車両のモディファイも進み、ラップタイムが上がってきた70thアニヴァーサーリオのオーナー様。 シートをよりホールド性の高いものへ変更して欲しいとのオーダーを頂戴いたしました。


取り付けるレカロシートは、RECARO Sportster。
生地は、レザー×アルカンターラで高級感もあります。
ホールド性と、乗降性能など普段使いでの快適性のバランスを考慮し、こちらのシートをお選び頂きました。


左の純正シートも良いのですが、素材が柔らかく激しい走行では若干役不足となります。
また、ショルダー部の形状の差が歴然ですね。
体全体を包み込んでくれる右側のレカロ スポーツスターの方が、ホールド感が高くドライビングに集中でき、更なるタイムアップを狙っていただけるかと思います。


リクライニングは電動式。
シートヒーターも装備されておりますので、冬の街中でも快適です。
今回は、お客様のご要望でシートレールを左右逆に取り付けているため、操作ボタン類は内側にあります。


街乗りでもサーキットでも快適なシートで運転をお楽しみ頂ければと思います。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

アバルト695 エアフィルター&インダクションボックス取付

スタッフの高橋です。
今回は、アバルト695にGruppeMのエアフィルターとインダクションボックスを取り付けていきます。


この可愛い見た目からは想像も出来ないくらいサーキットで速い車となっています!


こちらのエアフィルターとインダクションボックスを取り付けていきます。
ボックスが取り付けられる様に部品を外していきます。


エアフィルターとインダクションボックスをキレイにまとめて作業完了です。
作業のご依頼をいただきありがとうございます。

ケイマン GT4:ガラスコーティング

向井です。
今週の作業は、こちらの車両 鮮やかな色のケイマンGT4です。


御成約いただた車両にガラスコーティングを施工させて頂きました。


この度は、ご依頼ありがとうございました。

R53ミニ 燃料ポンプ交換

R53ミニの燃料ポンプと、フィルターの交換です!
最近は少なくなってきたR53ミニですが、こちらのオーナー様は予防整備のため持ち込み部品での燃料ポンプと、フィルター交換になります!


リアシートをばらして、右側が燃料フィルターを交換いたしまして、


続きまして、左側の燃料ポンプも交換いたします!
RIPは持ち込み部品での交換作業もできますので、お気軽にお問い合わせください!
お仕事頂いてありがとうございます!

ホンダ アコード ユーロR 天井張り替え

スタッフの谷です。
アコード ユーロRの天井張り替えをしました。


輸入車に多い天井の剥がれですが、この型のアコードも同じく天井が剥がれます。


張り替え作業の為、ルーフライニングを車外にだします。そして、今回は張り替えと同時に天井の防振・防音も行います。


防振材施工


その上から防音材を施工します。
これで雨の日の雨音は静かになり、夏の暑さが和らぎます。


肝心の天井は同色の天井用生地で張り替えです。


車内に戻し、外した部品を元通り組み付けて完了です。同色系の生地を使っているので張り替え後の違和感も少なく修理できました。
当店では国産と輸入の生地を数多く取り扱っていますので様々なお車の内装張り替えに対応可能です。内装のトラブルや、違う生地で張り替えたいという方は一度ご相談下さい。

株式会社ケイファイブ
●自動車内装、シート、天井 等 張替え、修理
●オーダーメイドインテリア製作
●椅子、ソファー 張替え、修理
定休日:金曜日・第二、第四土曜日 営業時間:10:00~19:00
TEL: 077-582-5337 
FAX: 077-582-5771
Mail: info@k-five.jp
滋賀県守山市大門町108-3
https://www.k-five.jp/

アルピーヌA110:カーボンリアウイング製作・第1号取付

RIP広報の原です。
ルノー アルピーヌA110のカーボンリアウイングを製作・取付させていただきましたので、ご紹介いたします。


取付前。
通常モデルのアルピーヌA110にはリアウイングやリアスポイラーの設定がありません。
限定モデルのA110RやA110Sアセンションにはリアウイングが装着されていますが、どちらも翼端板付きのレーシーなイメージのモノになります。
今回は当社のカスタムブランドRK DESIGNの商品として、街中でも違和感のない、スポーティかつエレガントなA110用のリアウイングを開発、そしてお客様に第1号を取付けさせていただきましたのでご紹介いたします。


取付位置のトランクのRを3Dスキャンして、ウイングをCAD上で設計し、たたき台となるプロトタイプを3Dプリンターで4分割で出力。


4つのパーツを繋げて、仮合わせします。 プロトタイプを実際に車両に装着し、デザインを修正していきます。


プロトタイプNo.1をベースにパテにてディテールを形成し、No.2以降いくつかのバージョンを製作します。


ほぼ最終段階のプロトタイプです。
ウイングの両端を下げ、翼端板的な空力効果を持たせつつ、視覚的には少し落ち着いた雰囲気に仕立てます。


最終デザインが決まったところで、黒のサフェーサーを塗って、表面を均していきます。


仕上げた最終のプロトタイプをマスターとして型を製作し、その型を用いてウエットカーボンで製作したウイング。


フィッティングして、トランクに穴を開けます。


問題なく、取り付けられそうです。


塗装ブースで、クリアを塗装します。


ウイングのステーは、艶消しの黒を塗ります。


最後に磨いて、取り付けたらリアウイング第1号の完成です。


A110のスタイルに合わせたサイズ感と美しいライン。
ウイングの両端の形状にもこだわり、デザイン性に優れたウイングです。


お洒落に、エレガントに仕上がったと思います。オーナー様にも大変喜んでいただきました。

RIPでは、このA110のカーボンリアウイングを¥275,000(税込)※取付別途 で販売致します。
ご興味があるA110オーナーの皆様、077-582-8231までお問い合わせください。

クライスラー 300C ダッシュボード 張替え修理 張替え

RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。
クライスラー 300C のダッシュボード 本革が剥がれの修理のご相談を頂きましたので、紹介させて頂きます。
純正の本革は、劣化が進み貼り直し等の修理が出来ませんでしたので、
今回は、ビニールレザーを使用して、張替えさせて頂きました。
メーターフードも同じ生地で張替えです。


全く同じ色の生地は、ございませんが、色味の近いものを使用し、ステッチも純正に近い色で同じ位置に入れさせて頂きました。
ダッシュボードの脱着とダッシュボード本体の下処理が必要ですので、時間と手間はかかりますが、修理可能ですので、ダッシュボードの生地剥がれや浮きでお困りの場合は、ご相談下さい。

シトロエン C6 天井 サンルーフ カバー 張替え 修理

RIP 内装部門のケイファイブ 黒瀬です。
シトロエン C6 のルーフライニングとサンルーフカバー 修理のご依頼を
頂きましたので、紹介させて頂きます。
サンルーフカバーは、スエード調の生地で仕上げさせて頂きました。
天井板は、純正に似た、天井修理用の生地で張替え修理です。
ご依頼頂きありがとうございました。


天井と併せて、ピラーの生地も剥がれている場合が多いので、
同時作業をお勧めさせて頂いております。
お問合せお待ちしております。

マツダ コスモスポーツ シート張り替え

スタッフの谷です。
マツダ コスモスポーツのシート張り替えをしました。


今回張り替えるシートがこちらです。


クッション性は無くなり、サクサクしております。
新車から約50年も経つとウレタンはこのような状態になってしまいます… 張り替えと同時にウレタンも新たに製作させて頂きます。


錆びてクラックの入ってしまったフレームも修理


割れた箇所は溶接でしっかり補強し、錆び止めの塗装をします。


ボロボロの座面ウレタンも


元の形状と硬さを意識しながら新品のウレタンを製作です。


張り替えたシートがこちらです。
生地は千鳥柄のファブリックと黒の合皮です。
デザインはオリジナルに近くなるよう張り替えています。


クラシックカーのシートは表皮の張り替えだけでなく、見えない部分のウレタンやフレームまでの修理が必要となる事が多いです。時間と手間は掛かりますが見えない部分までしっかり直す事で永く良い状態で使って頂けると思います。

株式会社ケイファイブ
●自動車内装、シート、天井 等 張替え、修理
●オーダーメイドインテリア製作
●椅子、ソファー 張替え、修理
定休日:金曜日・第二、第四土曜日 営業時間:10:00~19:00
TEL: 077-582-5337 
FAX: 077-582-5771
Mail: info@k-five.jp
滋賀県守山市大門町108-3
https://www.k-five.jp/