施工事例

カテゴリー別アーカイブ: スバル

スバルWRX STi:鈑金修理&ナンバー移設&GTウイング取付

RIP広報の原です。


スバルWRX STiの修理&カスタムをさせて頂きましたので、ご紹介いたします。


左フェンダーとフロントバンパーのすり傷を修理いたします。
左フェンダーは新品と交換して、バンパーは鈑金塗装で直していきます。


左フェンダーの仮合わせです。


フロントバンパーのすり傷は、パテを薄く埋めて整形します。
合わせて、フロントナンバープレートを移設し、冷却性能とルックスの向上を図ります。
センターから左側へと移動させ、元々あった穴をスムージングします。


ご注文から1年近くお待ち頂いたボルテックスのGTウイングがこのタイミングで到着…。
鈑金修理と並行して装着作業に取り掛かります。
仮合わせで問題がなければ、トランクに穴を開け固定します。


ボディ色と同色になるように、調色しては小さなパネルに試し塗りし、ボディと比較という作業を何度も何度も繰り返します。


塗装する色が決まれば、いよいよボディの塗装です。


こちらのボディは、3コートパールなので、ホワイトを塗ってからパールを塗って、クリアコートとなります。
新車購入でボディカラーを選ぶ際に、ホワイトパールが通常のカラーより高額なオプションとして設定されている場合があります。 その理由は、パール塗装が通常より1層多い、贅沢な塗装だからなんですね。


パールが入ることによって、光が当たるとキラキラと光り、高級感が出ます。


フロントバンパーも同じように塗装します。


リアウイングは紫外線からカーボンを保護するため、クリアを塗装します。


乾燥後、組付けて仕上げ磨きが終われば作業完了です。


元通り綺麗になり、さらにカスタムされて、よりアップグレードしました!
ナンバープレート移設は、さりげなく純正と違っているのがポイントです。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

スバルWRX:カナード&エアダクト取付

スバルWRXにお乗りのお客様から、パーツ取付のご依頼をいただきました。

車両はVABの前期型で、お客様手配のカナードとリアエアダクトを装着させていただきます。

カナードはSTI製。 本来は後期型用の製品を前期車両に取り付けます。

リアバンパーに滞留するエアを抜いて走行抵抗を減らす、リアバンパーのサイドダクト。
こちらはネットで見つけたノンブランド品ということで、フィッティング、下地処理にきっちり時間を割かせて頂き、STIのカナードと釣り合うようバッチリ仕上げさせて頂きました。

まずはカナードから。
メーカーが研究を重ねて割り出した角度を優先し、とりあえず型紙どおりの位置に合わせます。

型紙に合わせて取り付けると、前期バンパーには微妙に沿わないので、カナードを若干加工して装着させて頂きました。

リアバンパー用エアダクトは、ボディ同色の黒に塗装します。

塗装が乾いたら、エアダクトにメッシュを取り付けます。

リアバンパーにマスキングを貼った上で位置を合わせてカットしていきます。

カットができたら、エアダクトをボンド等で固定して作業完了です。

 

お仕事をいただき、ありがとうございました。

インプレッサWRX: 左側面・鈑金ペイント

GDA中期のスバルインプレッサWRXが鈑金修理でご入庫です。

RIPにて数年前にチャージスピードのエアロ一式を装着させて頂いて依頼、普段のメンテナンスなどご依頼を頂いております常連のK様。 左側面をぶつけてしまい、修理させて頂くことになりました。
まずは鈑金スタッフがヘコミを直していきます。
事故の凹み以外にもドアやサンドステップに付いていた小傷も同時に修正ペイントします。
続いて塗装スタッフが下地処理をして、塗装します。
スバルのWRブルーは非常に難しい色ですが、RIPの経験豊富なスタッフにより完璧な仕上がりに。
後日、SUBARU WORLD RALLY TEAMのステッカーを張って完成!
この度はお仕事を頂き、誠にありがとうございました!
これからもWRXでドライブを楽しんで下さいね~。

スーパーチャージャー仕様BRZ:ブレーキパッド交換

スーパーチャージャー仕様でボンネットのダクトが印象的なM様のBRZ。


近々、サーキットデビューをされるとの事で、それに合わせてブレーキパッドの交換、エンジン・ミッション・デフの各種オイル交換のご依頼をいただきました。


ブレーキパッドは、エンドレスのNEW TYPE-Rをチョイス。

キャリパーは、ブレンボ製に交換されているので、そのキャリパーに合わせた形状のものを取り寄せました。

コントロール性が高くて、サーキット初心者におすすめのパッドです。

各種オイル交換は、ワコーズ製のオイルを使用。

各種オイル交換の後、しっかりブレーキのエア抜きをして作業完了。


これを機に、サーキットでのスポーツ走行にハマってしまうかも。
いつか、ご一緒できることを楽しみにしています。

スバル WRX STI: ナルディステアリング取付

スバルWRX・STI(VAB)乗りのK様よりステアリングホイール装着のご依頼。

ナルディのディープコーンタイプです! 純正のステアリングスイッチも移設キットできちんと収納。 
サーキットデビューして頂かなくてはいけない感じのコックピットになって参りました!

セミバケットタイプのシートも装着されているので、4点か6点シートベルトを入れてもらえばバッチリ!

K様WRXの外観。
車高調、ブレーキ、ホイールと一通り手の入っているお車なので、新しいステアリングと共により一層ドライビングを楽しんで頂けると思います。
リアウイングレスの現状ですが、GTウイングもご検討中。 早速VOLTEXさんへ問合せたところ、今日(2021年4月末)の時点ですでに年内の納品は無理とのこと。 どんだけ人気なんでしょう!

GTウイングの装着は来年になりそうなので、今年はタイヤの新調とシートベルト装着ですね!

スバル GC8インプレッサ:BLITZ車高調取付

古くからのラリーファンにはたまらない1台、GC8インプレッサWRX STIがご入庫。

今回はBLITZの車高調サスペンション取付&アライメント調整のご依頼を頂戴致しました。 
↑装着前です。 ラリー車のイメージが強いので、このままでも腰高感はあまりないです。 古いサスペンションなので、ヘタってナチュラルローダウンになっているかもしれませんが…。
装着後です。 車高はBLITZさんの推奨車高でセットアップ。 ターマック仕様っぽくなりましたねぇ。
今回のBLITZはお客様の持込部品。 マニアックなお車に乗っておられますが、カスタマイズは初心者ということで、初めの一歩としては価格も含めて良い選択ではないでしょうか。 
RIPでは持込パーツの取付も大歓迎です。
サスペンション、エアロパーツ、駆動系、電装パーツなどなど、ネットショップやイベント会場でお得に買った商品の取付もお気軽にご相談下さい。

スバルインプレッサWRX: ブレーキキャリパー塗装

車高調サスペンションの取付など、いろいろなカスタムをさせて頂いておりますN様のGRBインプレッサWRX・STIがご入庫です。

今回はブレーキローター、ブレーキパッドをディクセルに交換。
同時にキャリパーのオーバーホールとペイントをご用命頂きました。
こちらはフロント4ピストン。
純正キャリパーの汚れ落とし、純正ペイント落とし、鋳造キャリパーの場合は表面のシボ落としなど、
塗装の前段階で手間のかかる作業が多いのですが、仕上がりに影響する部分なので手は抜けません。
レッドに塗装後、カスタムメイドのBremboロゴを貼付し、その上からクリア塗装をして完成です。

クルマに装着後。 ローターも新品なので写真映えしますね。

蝙蝠のように逆さ吊りでクリア塗装中のリアキャリパー。

こちらはリア。

純正のクリア塗装が剥がれてしまい、ルックスが…、という純正ブレンボ装着車の皆様、
キャリパーのレストア、如何でしょうか。 
RIPではアメリカのROTORAの輸入、販売もしておりますので、ビッグキャリパーへの換装したいという方も大歓迎です!

スバルBRZ: エキマニ & インテーク

最近になってRIPも世間様並みに86/BRZのご入庫が増えて参りました。

今日はBRZへエキゾーストマニホールドとインテークキットの装着です。

ヘッダー(エキマニ)はTOMEIの不等長タイプ。

こちらは純正。 4本が早い段階で1本にまとまるレイアウト。

各シリンダーからの排気ガスがエキゾーストパイプ手前で一気に集合するパワー重視のレイアウト。

吸気はHKSのインテークサクション。 よりダイレクトにフレッシュエアをインテークマニホールドへ送り込みます。吸気、排気の両パートを老舗ブランドで揃えて頂いたT様、この度はありがとうございました!

スバルBRZ: クラッチ交換

弊社にてご購入頂きメンテナンスさせて頂いております、SUBARU BRZがご入庫。
よく見れば、トランスミッションが降りているではないですか!

原因はこちら。 クラッチ交換です! 年数、距離を走っていればこのあたりの消耗品は仕方がない…、ましてやモディファイされ馬力の上がっているチューニングカーとなれば…。

新品クラッチの写真を撮影し忘れてしまいましたが、これでまたしばらくは楽しいBRZライフを送って頂けそうです。 ステイホーム、ステイコミュニティーが叫ばれる昨今、あまり遠出はできませんが、ドライブは密を回避しつつ楽しめる数少ないレジャー。 ラッキーなことに滋賀県内は綺麗なドライブコース、おしゃれなカフェやレストランに恵まれていますので、チョイ乗りドライブでも結構楽しめます。 感染予防しながら、楽しみを見つけて経済も回していきましょう! 

GRBインプレッサ: ブレーキ新調

いつもRIPでメンテナンスをさせて頂いておりますM様のWRX STI。

今回は前後のブレーキパッドとローターを交換させて頂きました。
洗車したので、ローターの上に薄い錆が浮いてしまいましたが、新品です!
ローターはディクセル。 フロントは純正ローターがすでに高品質な素材を使用しているので、ディクセルさんお勧めのType-FS。 通常版のSDやPDではダウングレードになってしまうそうです。 リアは通常素材なので、Type-SD。 ブレーキパッドはストリートからワインディングまで安定した効きとコントロール性、そしてダストの少ないSSSプラスをセレクト。 P-ZERO NEROとのバランスも良さそうです。