施工事例

カテゴリー別アーカイブ: スバル

BRZマフラー交換

小澤です。
最近また人気が出てきた雰囲気のBRZ/86のマフラー交換です。
今回の様な左右2本出しのマフラーは右と左で取付けの誤差が出やすく、左右が上手く揃えるのが中々難しいですが、何とかうまくいきました。
今回マフラーはお持ち込みでしたが、当店はお持ち込みや中古品のお仕事もOKです。
ネットで安く買った商品を取り付けて欲しい等、ご相談あればよろしくお願いします。

 

BRZ クラッチ交換

スタッフ吉田です。
SUBARU BRZ (ZD8)がクラッチ交換でご入庫です。


画像はトリプルですが今回はOS技研のツインで交換させて頂きました。


フライホイールはもちろんですが
レリーズベアリング、レリーズフォークも仕様が違うので交換します。


交換後、不具合が無いからをしっかりと確認して作業完了です。
お仕事ありがとうございます。

GDB インプレッサ 整備

スタッフ吉田です。
GDBインプレッサ 車検でご入庫です。
オイル漏れもあったので修理のご用命を頂きました。

交換部品は、カム&クランクシール一式、タペットカバーパッキンです。


少し前にタイミングベルトは交換されており、ベルトやプーリーはオイルが飛んでいなかったので再使用する事にしました。


お仕事ありがとうございます。

レガシィ 板金塗装

スタッフの清水です。
スバル レガシィの板金修理依頼を頂きました!


[修理前]
左リア周りに凹みや擦り傷がございました。
まずは損傷箇所の傷を滑らかに削り落としていきます!


[ペイント前]
板金作業が終わり、塗装の下地となるサフェーサーまで完了しました!
次は、ペイント作業に入ります!


レガシィ 左リアの板金修理が完了致しました!
ボディ色が黒のお車は、傷や歪みがよく目立つので修理には細心の注意が必要でしたが、綺麗に修理出来ました。
この度は数あるカーショップの中から弊社をお選びいただき。誠にありがとうございます!
今後とも宜しくお願い致します。

BRZマフラー取り付け

スタッフの瀬川です。
今週はBRZにマフラーの取り付けです。


ロッソモデロ COLBASSO S409TiC になります。


取り付け後は見た目もかなり変わりまして、
音も低音が効いててかなり良い感じです!!
お仕事頂きありがとうございます!

BRZ 前後ドラレコ取付

スタッフの高橋です。
今回は、BRZに前後ドラレコを取付していきます。


取付させてもらうドラレコがHUPEJOSのDASH CAMです。


前後はもちろん室内の運転席側、助手席側とカメラが4個付いているので万が一の時でもバッチリ録画できます。
作業のご依頼をいただきありがとうございます。

SJG フォレスター ロアアーム交換

スタッフ吉田です。
今回はSJG フォレスターの入庫です。


70km/hで走行するとハンドルかブルブルするとの事、ホイールバランスを疑いつつリフトアップします。


足回りを確認すると、ロアアームにガタがありました。


ブッシュが千切れてます💧


ロアアームを交換して他の不具合も無いかを確認し、試乗の結果、問題無かったので完成です。
お仕事ありがとうございました。

スバルWRX STi:鈑金修理&ナンバー移設&GTウイング取付

RIP広報の原です。


スバルWRX STiの修理&カスタムをさせて頂きましたので、ご紹介いたします。


左フェンダーとフロントバンパーのすり傷を修理いたします。
左フェンダーは新品と交換して、バンパーは鈑金塗装で直していきます。


左フェンダーの仮合わせです。


フロントバンパーのすり傷は、パテを薄く埋めて整形します。
合わせて、フロントナンバープレートを移設し、冷却性能とルックスの向上を図ります。
センターから左側へと移動させ、元々あった穴をスムージングします。


ご注文から1年近くお待ち頂いたボルテックスのGTウイングがこのタイミングで到着…。
鈑金修理と並行して装着作業に取り掛かります。
仮合わせで問題がなければ、トランクに穴を開け固定します。


ボディ色と同色になるように、調色しては小さなパネルに試し塗りし、ボディと比較という作業を何度も何度も繰り返します。


塗装する色が決まれば、いよいよボディの塗装です。


こちらのボディは、3コートパールなので、ホワイトを塗ってからパールを塗って、クリアコートとなります。
新車購入でボディカラーを選ぶ際に、ホワイトパールが通常のカラーより高額なオプションとして設定されている場合があります。 その理由は、パール塗装が通常より1層多い、贅沢な塗装だからなんですね。


パールが入ることによって、光が当たるとキラキラと光り、高級感が出ます。


フロントバンパーも同じように塗装します。


リアウイングは紫外線からカーボンを保護するため、クリアを塗装します。


乾燥後、組付けて仕上げ磨きが終われば作業完了です。


元通り綺麗になり、さらにカスタムされて、よりアップグレードしました!
ナンバープレート移設は、さりげなく純正と違っているのがポイントです。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

スバルWRX:カナード&エアダクト取付

スバルWRXにお乗りのお客様から、パーツ取付のご依頼をいただきました。

車両はVABの前期型で、お客様手配のカナードとリアエアダクトを装着させていただきます。

カナードはSTI製。 本来は後期型用の製品を前期車両に取り付けます。

リアバンパーに滞留するエアを抜いて走行抵抗を減らす、リアバンパーのサイドダクト。
こちらはネットで見つけたノンブランド品ということで、フィッティング、下地処理にきっちり時間を割かせて頂き、STIのカナードと釣り合うようバッチリ仕上げさせて頂きました。

まずはカナードから。
メーカーが研究を重ねて割り出した角度を優先し、とりあえず型紙どおりの位置に合わせます。

型紙に合わせて取り付けると、前期バンパーには微妙に沿わないので、カナードを若干加工して装着させて頂きました。

リアバンパー用エアダクトは、ボディ同色の黒に塗装します。

塗装が乾いたら、エアダクトにメッシュを取り付けます。

リアバンパーにマスキングを貼った上で位置を合わせてカットしていきます。

カットができたら、エアダクトをボンド等で固定して作業完了です。

 

お仕事をいただき、ありがとうございました。

インプレッサWRX: 左側面・鈑金ペイント

GDA中期のスバルインプレッサWRXが鈑金修理でご入庫です。

RIPにて数年前にチャージスピードのエアロ一式を装着させて頂いて依頼、普段のメンテナンスなどご依頼を頂いております常連のK様。 左側面をぶつけてしまい、修理させて頂くことになりました。
まずは鈑金スタッフがヘコミを直していきます。
事故の凹み以外にもドアやサンドステップに付いていた小傷も同時に修正ペイントします。
続いて塗装スタッフが下地処理をして、塗装します。
スバルのWRブルーは非常に難しい色ですが、RIPの経験豊富なスタッフにより完璧な仕上がりに。
後日、SUBARU WORLD RALLY TEAMのステッカーを張って完成!
この度はお仕事を頂き、誠にありがとうございました!
これからもWRXでドライブを楽しんで下さいね~。