施工事例

カテゴリー別アーカイブ: その他

アルピーヌA110:カナードを3Dプリンターで製作

RIP広報の原です。
ルノー アルピーヌA110のフロントカナードを3Dプリンターで製作・取付させていただきましたので、ご紹介いたします。


アルピーヌA110の純正バンパーの形状を3Dスキャナーでデータ取りします。


マクラーレンやアバルト124スパイダーなどで製作実績のある、RIPの特製支柱付き2枚羽根のカナードをA110用にキャド上でアレンジし、3Dプリンターで作成しました。


カナードの役割は、タイヤハウス上方への気流を作り出し、タイヤハウスの中に滞留する空気を引っ張り出すことで、ダウンフォースを得ることにあります。 これによりフロントタイヤを地面に押し付ける力が働き、グリップが増す=ハンドルを切ったほうへ曲がりやすくなる、ということになります。


RIPオリジナルの3Dプリンター製カナードは鈑金用の両面テープでボディへの装着が可能です。
本体が軽量で、空気を受けすぎない形状に設計されているので、これで外れることはありません。
(競技車両など、ハードに使用される車両の場合はボンド止めを推奨)


車両のスペック、走行するサーキットなどに合わせ、カナードの幅や角度などもキャド上で変更して、出力可能です。 ご興味のあるA110オーナー様、お気軽にお問合せください!


オーナー様に喜んでいただきました。 
お仕事をいただき、ありがとうございました。

ヘルメット:カスタムペイント

RIP広報の原です。


RIP塗装部門のワンダース谷が、ヘルメットのカスタムペイントをさせていただきましたのでご紹介いたします。


ベースのヘルメットは、アライのGP6。


お客様のご希望に沿って、シンプルながらパッションを感じさせるデザインで施工させて頂きました。


バックにはAudi Sportのロゴを大きくあしらい、愛車への熱い思いを表現。


カスタムペイントの様子は、こちらの動画をご覧ください!


アウディでのスポーツ走行だけでなく、レース出場の際にもこのヘルメットを使ってくださいました。


参戦カテゴリーは鈴鹿クラブマンスポーツ。 本格的レーシングカーのVITAによるワンメークレースです。
VITAとカスタムペイントのヘルメットの組み合わせは、やはりカッコいいですね!
お仕事をいただき、ありがとうございました!

キャンピングトレーラー:鈑金・カスタムペイント

RIP広報の原です。
キャンピングトレーラーの鈑金修理とカスタムペイントをさせていただきましたので、ご紹介いたします。


こちらのキャンピングトレーラーは、Swift Sprite Quattro FBといって全長は約8mもあります。
一般的なキャンピングカーと比較して、ゆったり、快適な居住空間がメリットです。
今回は、後部パネルの鈑金修理とカスタムペイント、側面の小さなキズ2か所の修理をいたします。


サイドモールに小さなヘコミと擦り傷2が箇所あります。


この擦り傷は鈑金修理ではなく、3Dプリンターでプレートを作成し、傷を隠すような形で修理いたしました。


リアパネルのひび割れは、パテ埋め修理します。
今回は同色に塗り直すのではなく、カスタムペイントでリアビューを大幅にイメージチェンジします。


サーフェーサーを塗装して、下地を整えます。


いよいよ塗装工程に入ります。 塗装ブースに入らないため、作業場で周りを養生して塗装します。


まずグレーを塗装しました。
グレー部分の乾燥後、リアパネルの立体形状を活かして、部分的にブラックを重ね塗りしていきます。


アイボリー単色から、スタイリッシュなイメージに変わりました!
最後にサイズ、カラーを変更して新調した「Quattro FB」のロゴを貼付して完成です。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

ダッジ マグナム フューエルポンプ交換

スタッフの高橋です。


エンジンがかからずご入庫いただいたダッジ マグナムです。
診断をしていくとフューエルポンプが怪しく、ポンプが動かなくなるとガソリンがエンジンに供給されないのでエンジンがかからなくなってしまいます。


ポンプの位置はリヤシートの下にあり、左右2か所です。


交換後、しっかりエンジンがかかりました。
作業のご依頼をいただきありがとうございました。

PTクルーザー 雨漏り

スタッフの瀬川です。
今週はPTクルーザーの雨漏り修理などなどです。


車検で入庫の、PTクルーザーですが、運転席の下あたりなどが濡れているので、点検してほしいとのご依頼です。


足元のマットなどかなり濡れてまして、少しづつばらしながら点検していきます。


運転席のピラーの所にうっすらと水が乾いたあとがありました。 ピラーをめくってみると中には少し水もたまってました。

これより上からとなるとサンルーフが怪しいので点検してみるとサンルーフの水抜穴がゴミと泥でつまってしまってそこからオーバーフローしておりました。
掃除、清掃をして、再度水をかけて点検した所もれもなしでした!
PTクルーザーも最近ではなかなか見掛けなくなりましたが、これこらも大切にお乗りください!
お仕事頂いてありがとうございます!

ヘルメット ペイント カスタム アライ GP6

WONDERSの谷です。
お得意様のヘルメットをペイントさせて頂きました。
デザインなどは指定通り施工。ご満足いただけたようで何よりです。
この度はご用命ありがとうございました。

 

自動車シート用の 千鳥柄生地(ペピタ)について

RIP内装部門 ケイファイブの黒瀬です。
千鳥柄の生地について紹介させえて頂きます。
張替えた感じは↓


ハウンドトゥースやペピタなどと言われる千鳥柄の生地、ポルシェにお乗りのお客様から
多くお問合せ頂く生地です。
弊社では、海外から輸入した生地を数種類在庫として置いています。
実際にサンプルを見て頂く事も可能です。
廃盤になって入手出来なくなる可能性も御座いますが、
国内にあまり流通していない生地を探して輸入することも可能です。
張替え、修理のご依頼、ご相談お待ちしております。

株式会社ケイファイブ
●自動車内装、シート、天井 等 張替え、修理
●オーダーメイドインテリア製作
定休日:金曜日・第二、第四土曜日 営業時間:10:00~19:00
TEL: 077-582-5337 
FAX: 077-582-5771
Mail: info@k-five.jp
滋賀県守山市大門町108-3
https://www.k-five.jp/

レカロ バケットシート 張替え

RIPの内装張替え、修理部門のケイファイブ 黒瀬です。
ケイファイブでは、張替え作業の殆どすべての作業を自社内でおこなっております。
オーダーメイドでの張替えを基本としておりますので、お客様のご希望に沿った
張替えを、1脚、1脚丁寧に、ハンドメイドで張替えさせて頂いております。
リクライニング機構付きのバケットシート(セミバケ)、サーキットなどのスポーツ走行用の
バケットシートの張替えも多くご依頼頂いておりますので、最近ご依頼頂いたシートの張替え
例を紹介を何脚か紹介させて頂きます。

RECARO RS-GE (レカロ)
生地:東レ ウルトラスエード 、 ビニールレザー

RECARO SR-Ⅲ (レカロ SR-3)
生地:東レ ウルトラスエード 、 ビニールレザー

RECARO TS-G
生地:ビニールレーザー 、 東レ ウルトラスエード

RECARO SP-G (レカロ SPG)
生地:ビニールレザー、東レ ウルトラスエード

RECARO SR-Ⅲ (レカロ SR-3)
生地:ビニールレザー、輸入 千鳥柄生地 (BMW E30 M3 近似生地)

IMSA バケットシート
張替え(修復)


お問合せお待ちしております。

ハーレー レタリング タンク 

WONDERSの谷です。
今回は、ハーレーのタンクにレタリングさせていただきました。
ワンポイント入れるだけで雰囲気がガラリと変わりますね!
この度はオーダーありがとうございました。

アライメント調整いろいろ

大型連休を控えた季節ということもあり、この春もアライメント調整のお仕事をたくさん頂戴致しました。


乗り心地改善のため、ショックアブソーバーを交換させて頂いたマツダCX-8。
快適なドライブを楽しんで頂けるようアライメントの狂いも調整させて頂きました。


リフトアップキットの装着をさせて頂きましたJB64Wジムニー。


鈑金修理でご入庫の70ノア。 足回りもきっちり点検、調整します。


ローダウンスプリングを組ませて頂きましたアバルト124スパイダー。
車高に合わせ、アライメント調整、光軸調整をさせて頂きました。


鈑金修理をさせて頂きました80VOXY煌。衝突のインパクトで狂ったアライメントを調整して、完成です。

では皆様、安全運転で楽しいゴールデンウィークを!