施工事例| RIPリップ – JUST BALANCE

施工事例

チャージャー ペイント

スタッフの柴田です!
ダッジ チャージャーの補修ペイントをさせていただきました!
補修箇所は右クォーターです!

ペイント前


ペイント後
今回は小さく部分的に補修させていただきました!
お仕事をいただきありがとうございます!!

アバルト595 パーツペイント

スタッフの松井です。
アバルト595 ミラーカバー、フロントバンパー接合部品、リアバンパー接合部品ペイントのご依頼を頂きました。


足付をして塗っていきます。

綺麗に塗ることができました。


ご依頼頂きありがとうございました。

ジムニーシエラ リフトアップなど

RIP広報の原です。 
スズキ ジムニーシエラのカスタムをさせていただきましたので、ご紹介いたします。


今回のカスタムの内容は、リフトアップ、タイヤ&ホイール、フロントバンパーとグリルの交換、そして背面スペアタイヤの取り外し、リアナンバー移設、ルーフラック取付などです。


フロントの足回り。
3インチアップのスプリングと、それに合わせたショックアブソーバー、ロングブレーキホース、調整式ラテラルロッド、バンプストップ、スタビ延長ブロック、プロペラシャフトスペーサーがセットになったショウワガレージのリフトアップキットを装着しました。


リア。 前後のリフトキットの装着が完了しました。
ジムニーの純正ラテラルロッドは前後共サイズ固定のものが装着されていますが、リフトアップやローダウンした場合、調整式ラテラルロッドが必要となります。


ショウワガレージ製ショートバンパースポイラーとスキッドプレートを取付けました。
バンパーの丈を短くすることで、悪路での走破性向上に加え、視覚的なワイルド感が増します!
グリルはエンブレムレス仕様の純正オプショングリルに交換。


リフトアップに合わせて、タイヤとホイールも交換。
タイヤは、BFグッドリッチ オールテレーンに、ホイールはDELTA FORCE OVERLANDERの組み合わせ。
タイヤサイズ: LT225/70R16
ホイールサイズ:16x6.0 -5 5-139.7
バッチリ決まってます!


ルーフラックもショウワガレージ製。 ベースキャリアはINNOを使用。


背面のスペアタイヤを外して軽量化。 
ナンバープレートはバンパーからリアゲートへ移設し、リアオーバーハングのクリアランスを稼ぎます。


ワイルドで、色数が少ない硬派な仕上がりとなりました。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

BRZマフラー交換

小澤です。
最近また人気が出てきた雰囲気のBRZ/86のマフラー交換です。
今回の様な左右2本出しのマフラーは右と左で取付けの誤差が出やすく、左右が上手く揃えるのが中々難しいですが、何とかうまくいきました。
今回マフラーはお持ち込みでしたが、当店はお持ち込みや中古品のお仕事もOKです。
ネットで安く買った商品を取り付けて欲しい等、ご相談あればよろしくお願いします。

 

キャンピングカー デカールカスタム

RIP広報の原です。 
パタゴニアでの車中泊を快適にする4つのアイテムを取り付けさせていただきましたが、もうひとつ追加のお仕事を頂戴いたしました。
それは、デカールカスタムです!


パタゴニアには、ファンルーチェ純正の大きなサイドデカールが貼られていますが、今回は車体上部やリアの白いスペースにデカールを追加して、キャンプサイトで映えるデザインにいたします。


上記のような合成画像のデザイン案を数パターン制作し、お客様と相談しながらデザインを練っていきます。


デザインが決定したら各パーツをカットし、車体へ張り付けていきます。


差し色にゴールドを使用して、アクセントにしました。


キャンピングカーは、白いスペースが多いので、こういったデカールを少し追加するだけで、イメージが大きく変わります。
純正デカールを活かすことで、コストも抑えられます。
キャンピングカーを今よりカッコ良く魅せるのに、デカールカスタムは非常に有効です。
RIPでは、デザイン案をご提案をさせていただくことも可能ですので、お気軽にご相談ください。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

ジムニー ウルト防錆塗装

スタッフの瀬川です。
今回はジムニーにウルト防錆塗装です。


ボディ全体を養生致します。
ウルトの防錆塗装は透明の素材になりますので、フロアーなど色がついてほしくない部分にも問題無く吹付けるこが可能です!


下回り全体ガッツリと吹き付けて作業完了でございます。


施工後は全体的に艶が少し出る感じに仕上がります。防錆対策も抜群です!!
お仕事頂いてありがとうございます!

トヨタ マジェスタ シート部分張り替え

K-FIVEの谷です。
トヨタ マジェスタのシート部分張り替えをしました。


今回作業させていただくシートです。
トヨタの高級車という事で革シートなのですが…


座面中央の縫製がほつれて開いており、革自体の劣化もみられました。今回は中央の2枚のみ張り替えとなります。


車からシートを取り外し。


張り替える2枚のみバラしていきます。


バラした生地を型に革を裁断


元通り縫製して完成です。
純正によく似た革を使っているので張り替え後の違和感も少なく修理出来たかと思います。
国内外の豊富な生地を取り扱っていますので様々な要望にお応え出来るかと思います。お車の内装の事でお困りの方は一度ご連絡下さい。

キャンピングカー 快適化カスタム ④スマートシェード

RIP広報の原です。
キャンピングカーのパタゴニアを快適にするカスタム紹介のPart④です! 
今回ご紹介する快適グッズは、ハイエース専用のカーテン、REMIS製スマートシェードです。


フロントガラス、運転席、助手席の3面からワンタッチでアコーデオン式カーテンが出現。
従来の遮光カーテンよりも格段に操作性に優れ、未使用時はすっきり収納される機能的なシェードです。
フロントガラス、運転席、助手席に取り付けました。 3面を覆うことが出来ます。


格納状態。
ハイエースのサイド窓にピタリとマッチする専用設計のため、見た目もスッキリ、綺麗に格納されています。


シェードを閉じた状態。マグネットキャッチによって、自動的にロックされます。
人目が気になる車中泊の目隠しになりますし、クーラーの冷却にも効果があります。
手動式ですが操作はスムーズで、全閉及び全開時の見た目も美しくスマート。
車中泊の機会が多いオーナー様には重宝すること間違いありません。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

キャンピングカー 快適化カスタム ③ドアストッパー

RIP広報の原です。 
キャンピングカーのパタゴニアを快適にするグッズ紹介のPart③です! 
今回ご紹介する快適グッズは、強力な磁石でエントランスドアをとめるドアストッパーです。


施工前。 ※画像は、セレンゲティの標準のドアストッパーです。
ドアを開放状態で止めておくためのパーツで、ボディー側にメス型のホルダー、ドア側にオス側のフックを差し込んで固定となります。
毎回引っ掛けるのが面倒、フックが壊れやすい、見た目が美しくないなど、色々と不満の多い部品です。
今回は、こちらを強力なマグネットタイプのドアストッパーに交換いたします。


純正のドアホルダーを取り外し、マグネットがきっちり張り付く角度になるよう土台をカスタムメイドします。


仮合わせをして、微調整しながら角度を合わせます。
僅かに純正ホルダー用のネジ穴が見えるので、今回はステッカーでネジ穴を隠します。


取付完了です。 見た目もスマートになりました。


ドアを全開に開けると、マグネットが密着し開放状態を保ちます。
フックタイプのように引っ掛けたり外したりする必要がありません。
ドアを開放で固定できるので、とても楽に乗り降りがしやすくなります。
マグネットは比較的強力なので、通常は自然にドアが閉まることはありませんが、フックのように物理的に固定されるわけではないので、強風で煽られたドアが閉まるということは想定されますので、強風時はご注意ください。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

キャンピングカー 快適化カスタム ②電動ステップ

RIP広報の原です。 
キャンピングカーのパタゴニアを快適にするカスタム紹介のPart②です! 
今回は②電動ステップの取付けです。


取り付けるのは、スーリーの電動スライドステップ、「スライドアウト」。
エントランスドアの底部に設置することで、ちょうどよい段差となり、車への乗り降りがスムーズになります。
商品自体は汎用品で、サイズも数種類あります。
セレンゲティには取付実績がありますが、エントランスドアがリア側にあるパタゴニアでは今回が初めて。


リアオーバーハング部に頑丈なフレームがないため、オリジナルのステーを組み付けて、電動ステップを取り付けます。


スライドアウトを吊り下げるための強度を稼ぐため、エントランスステップに金属プレートを取り付けます。


特注のフロアマットを製作させていただきました。


ドアの開閉に連動して、ステップが自動的にスライドする加工もしており、ドアとステップを個別に操作する煩わしさもありません。
高額なカスタムメニューとなりますが、お子様や年配の方への配慮が必要な方におススメです。
お仕事をいただき、ありがとうございました。