ブログ

マセラティ グランツーリズモ 内装 べたべた 修理

Share on Facebook
LINEで送る

RIP内装担当 K-five 黒瀬です。

今回は、マセラティ グランツーリズモのべたつき 修理を紹介させて頂きます。

べたつきでお困りの方も多いのではないでしょうか。

クリーニングと塗装することで下記の様に修理することが可能です。

修理後↓

DSC_4038 DSC_4039 DSC_4040 DSC_4035 DSC_4031 DSC_4042 DSC_4043 DSC_4045 DSC_4028 DSC_4027 DSC_4034 DSC_4033 DSC_4032

完璧に純正と同じ感じまでは修理できませんが、艶消しのブラックで仕上げさせて頂いています。

行程としては、まず、修理する内装のパーツをすべて車両から外し、車両から外した、各部品をクリーニング、塗装が可能な状態まで分解してから、劣化してべたついた

純正の塗装を剥離&クリーニングします。細かい、ボタンやエアコン吹き出し口のマークを消さない様丁寧に処理した後、ブラックorクリア塗装を行い、

各パーツを組み立てて、車両に組付けていきます。

※ATのセレクター横の表示部分は、塗装がすべて剥がれてしまった為、文字部分は、

復元させて頂きました。

作業前↓

DSC_3847 DSC_3846 DSC_3845 DSC_3842 DSC_3851

ありがとうございました。