ブログ

BMW 3シリーズ E36 ドア内貼り 張替え修理

Share on Facebook
LINEで送る

こんにちは、RIP内装部門 K-five の黒瀬です。

BMW 3シリーズ E36 クーペ のドア内貼り、リアサイドパネル

の張替え修理の紹介をさせて頂きます。

DSC_5484 DSC_5499

↑ダークグレー部分は、ビニールレザー ライトグレー部分は、

Bridge of Weirの本革を使用しています。

DSC_1111 DSC_1113 DSC_1114

↑スエード調の部分のみの張替え修理です。

東レのウルトラスエードを使用して張替えさせて頂きました。

E36のドアの内貼りは、経年劣化で、全面が剥離してきますので、

全て生地を剥がして、下地を作り直し、内側のパネルは、

接着剤だけで固定するのではなく、ボルト、ナットを使って

しっかり固定出来る様に手直しをしてからの張替え作業になるので、

かなり手間がかかりますので、費用はその分上がりますが、

耐久性は、ホットボンドや接着剤のみの固定と比較すると、

かなりしっかりと固定出来ますので、

安心して使用して頂けると思います。

国産車、輸入車問わず、修理、張替え対応させて頂いておりますので、

内装の剥がれや破れなどでお困りの場合は、お気軽にお問合せ下さい。