施工事例

カテゴリー別アーカイブ: ニッサン

シルビアS15:リアディフューザー加工・取付とマフラー取付

シルビアS15がご入庫いたしました。
オーナー様は、鈴鹿サーキットの常連で、よくご一緒させていただいています。


今回のオーダーは、リアディフューザー加工・取付とマフラー取付です。


リアディフューザーは、市販品が無いので、ワンオフ製作いたします。


オーナー様がオークションで手に入れたフェラーリ458の純正リアディフューザーのフィンのみを使います。


リアディフューザーのベースとして、不要品のボンネットを加工して使用します。
(RIPでは、こういった不要品をリユース・リサイクルすることで、SDGs≪持続可能な開発目標≫の実現へ向けた活動として、環境負荷及び処理費用の削減に貢献します。)
必要な分だけカットして、折ったり、曲げたり鈑金作業で形を作り、各部を調整してボディへ取り付けます。


そこに、6枚のフィンをネジと鈑金用ボンドで取り付けます。


リアディフューザーの上側を通った空気が、リアバンパーの内部に滞留するのを防ぐため、リアバンパーに穴を開け、空気の通り道を作ります。


取り付けるマフラーは、ヤシオファクトリーのスーパーサイレントチタンマフラーツインテールです。
メインパイプはφ70で中低速からスムーズにパワー、トルクが上がるタイプのマフラーです。

5000rpmまでは驚くほど静かで、そこから上は心地よいチタンサウンドを奏でます。
チタンマフラーの音は高くて軽く感じられます。


「ヒートグラデーション」と呼ばれるテールの焼き色がとても目を引きます。


取付前。


取付後。
リアディフューザーに関しては、機能性を重視した他にはないS15のリアディフューザーとなっています。
実際に、サーキット走行ではダウンフォースが得られ、直進安定性が上がり、コーナリング速度も増しました。


RIPでは、お客様のアイデアを形にできる技術力があります。
「こんなのが欲しいけど、売ってない」などありましたら、一度ご相談ください。
ご予算の範囲内で、最良のご提案をさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

ニッサンD21ハードボディー:天井張替え 修理

こんにちは、RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

天井張替え修理の紹介です。

車両は、ニッサン D21 ハードボディー なかなか珍しいお車です。

天井の生地の剥がれと板の変形を修理させて頂きました。

変形を修理後、形状の固定と修理を加える為に、裏側にFRPを貼って

修理させて頂いてから、天井生地を張替えさえて頂きました。

IMG_7400 IMG_7396 IMG_7395

修理の方法は、劣化の状況を見ながら、様々な材料、手法を使って修理していきます。

天井生地の剥がれや、垂れ、天井板の変形などでお困りの場合は、

是非、一度当店にご相談下さい。

フェアレディZ Z31:ワンオフオーディオパネル製作&ナビ取付

日産フェアレディZ Z31がご入庫いたしました。
約30年前のお車ですが、オーナー様は大切にされ、良いコンディションを保っておられます。


今回のオーダーは、ナビとブーストコントローラー、デジタルタコメーターにターボメーター、更にETCとUSBの差し込み口をエアコンパネル下部にすっきりきれいに取り付けるという内容です。

まず、お客様のご希望通りに各デバイスをレイアウトできるか、試作品を作成し、加工・調整をしていきます。


試作を何度か繰り返した後、最終版のオーディオパネルを設計し、3Dプリンターで出力します。


出来たパネルの加工・調整を行い、表面を研いできれいにしていきます。

パネルが出来れば、次は塗装です。


クリアを塗装し、純正パネル風のピアノブラックに仕上げます。


このように各デバイスがエアコンパネルの下に綺麗に収まりました。

純正オーディオパネルの寸法を3Dスキャナーで取り込み、3Dプリンターで製作しているので、純正品同様にエアコンパネル、ダッシュボードとの接合部分もピッタリです。


内部のスペースがかなりシビアで取付、配線等作業で苦労もありましたが、3Dプリンターで専用のパネルを製作することで、きれいにすっきりと収める事ができました。
これで現代仕様にアップデート完了です。 見た目もすっきりで快適にドライブして頂けると思います。


RIPでは、このような3Dプリンターを使用したオーダーメイドのカスタムが可能です。
お気軽にお問い合わせください。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

日産フーガ:天井張り替え修理

スタッフの谷です。

日産フーガの天井張り替えをさせていただきました。

国産車ではあまり無いですが、フーガは垂れるようで度々作業させていただいております。

純正に似た天井用生地で張り替えました。純正に近い生地なので張り替え後の違和感は殆ど無く修理可能です。

ありがとうございました。

株式会社ケイファイブ
●自動車内装、シート、天井 等 張替え、修理
●オーダーメイドインテリア製作
●椅子、ソファー 張替え、修理
定休日:金曜日・第二、第四土曜日 営業時間:10:00~19:00
TEL: 077-582-5337
FAX: 077-535-5719
Mail: info@k-five.jp
滋賀県守山市大門町108-3

https://www.k-five.jp/

ニッサンGT-R R35:フロントバンパー取付

日産GT-R R35がご入庫いたしました。
フロントバンパーの塗装・取付のご依頼をいただきました。


フロントバンパーは、お客様からの持ち込みでクールレーシング製です。
オーナー様とデザインや塗り分けのご希望をお打ち合わせして、作業にかからさせていただきました。


バンパーはフィッティング(仮合わせ)をして、隙間や段差など細かくチェックをし、違和感がないようにきっちりと合わせます。
この作業を怠ると仕上がりに大きく影響しますので、丁寧に調整します。


塗装は、お客様のご希望による塗分けをし、クリアコートを施工。

 


組付けて完成です。

 


精悍な顔つきになり、スポーティーさが増しました。

お仕事をいただき、ありがとうございました。

日産スカイライン2000GTターボ (ジャパン):レストア

日産スカイライン2000GTターボ (通称ジャパン)をレストアさせていただきました。
約40年ほど前の車両になります。いわゆる旧車です。


今回の車両は、オーナー様が日本中探して、九州で見つけられたジャパンです。


それから約半年以上かけて、コツコツとリペアして、各パーツを探して、オールペンをして、発売された当時の姿になるよう丁寧に仕上げさせていただきました。

内装もノーマル仕様。綺麗に補修しています。


そして先日、オーナー様に納車後、ドライブに同行させていただきました。

猛暑のためか、途中エアコンの効きが悪くなりましたが、エンジンは全く問題なく快調。
気が付けば、距離にして約100kmほど走っていました。


ガソリンスタンドに、このジャパンで行くと声を掛けられる率は高いでしょう。

走行中も、特におじさまからの視線が熱く感じられました。

RIPでは、このようなレストアも可能です。

旧車を探してほしい、レストアしてほしいなどございましたら、お気軽にご相談ください。

R35 GT-R:ハブベアリング点検

R35 GT-Rが点検作業でご入庫です。

前期モデルで故障事例の多い、ハブベアリングの点検とフライホイールハウジング交換の御見積を頂き、点検をさせて頂きました。

点検したところ、現車には上記トラブルの兆候は見られませんでした。
ブレーキパッド、ローターの消耗と、タイヤの硬化が進んでいるようでしたので、交換をお勧めさせて頂きました。
おまけ:このR35のように車高の低い車両をリフトに載せる際にもゼロリフトでちょっと浮かせてから、ジャッキポイントにリフトのアームを掛けることができ、作業時間を短縮。 便利ですね~コレ。

ジャパン スカイライン:エンブレム ペイント

wondersの谷です。
部品供給の終了したエンブレムなどをリペアさせていただきました。
ありがとうございました😊

 

日産キャラバン メディカルカー: 鈑金塗装

RIPでは働くクルマのお仕事も時折させて頂いております。

今回はメディカルカーの鈑金修理、塗装、修理部分のステッカー施工をさせて頂きました。

「民間患者等搬送車」は救急車に近い装備を持ったクルマですが、緊急性の低い患者さんの移動、ご自宅から病院、または病院間の移動などに使用されます。
左側入ルーフ部を擦ってしまいご入庫。 修理、塗装後に反射タイプのカッティングシートで製作したステッカーを元通りになるよう施工します。 
コロナ禍ということもあり、出動依頼も多いとのことで、ステッカー製作業者さんにも無理をお願いし、現場スタッフもいろいろやりくりして、出来るだけ短い工期で仕上げさせて頂きました。

日産180SX: エアロ取付&オールペイント

1990年代に青春時代を送った皆さんには懐かしい、ニッサン180SXの全塗装のお仕事をさせて頂きました。

S13系もチューニング、ドレスアップというよりは“レストア”に近いお仕事が増えて参りました。

オーナー様がご用意のエアロパーツを仮合せ。 必要に応じて削ったり、ゆがみを修正したり致します。

FRPの表面の凸凹を慣らす「面出し」など、塗装前の下準備段階。 

車両側もドアの内張やリアクォーターガラスを外したりと全塗装の準備を同時に進めて行きます。 

ボディパネルのキズ、ヘコミなどもこの段階で修正していきます。

いよいよ塗装。 バンパー、ウイングなどエアロパーツは別に塗装します。

塗装後は磨きの行程へ。

お客様のリクエストどおりの鮮やかなショッキングピンクメタリックに変身。
磨きの済んだ各パーツを組付けていきます。

なんとかゴールデンウィーク前に納車!

サイドビューの薄さ、低さがいいですよねぇ…この時代のクルマは。

今後は足回り、タイヤ&ホイール、内装など徐々に手を加えていきたいですね~。

鈑金塗装、一般整備、内装修理などRIPではレストアに必要な作業がすべて一ヶ所で完了可能です。

1990年代、2000年代のお車を大切に乗っていらっしゃるオーナー様もお気軽にRIPへお問合せ下さい。