施工事例

カテゴリー別アーカイブ: フォード

マスタングGT:ST車高調サスペンション

2014年モデルのマスタングGTにSTサスペンションを装着させて頂きました。

これまでにタイヤ、ホイール、エキゾーストなど、数々のカスタムをさせて頂いておりますN様のマスタング。

ご購入頂いたのは減衰調整機能付きの「XTA」です。

STはKWのサブブランドという位置づけで、KWの培った技術を踏襲しつつ、ステンレスのシェルケースを一般的なスチールに変更するなどして低価格を実現していて、本国のドイツはもちろん、北米でも人気のブランドです。

以前、ローダウンスプリングを装着させて頂いているのですが、さらにシャープなハンドリング性能を求めて、車高調サスペンションを導入。 ショックアブソーバーもショートストローク化されているので、突き上げ感もなく、乗り心地も改善しました。

サスペンション取付後。 精悍さが増した気がします。

次なるカスタム、ROTORAビッグブレーキキット導入もご検討頂いております!

確かに、このアメリカン・レーシング20インチにROTORAは無茶苦茶似合いそうです!

5.0リッターV8のパワーをしっかり受け止める足回りを得て、ドライブがさらに楽しくなりますね!

マスタング、カマロ、チャレンジャーなど、アメリカン・マッスルのサスペンションも、ご購入から取付、アライメントまでRIPにお任せ下さい!

マスタング: マグナフロー

2014マスタングGTのマフラーアップグレードのお仕事を頂戴致しました。

以前、ローダウンとアメリカン・レーシング20ホイールのお仕事をさせて頂いた車両です。 5.0リッターのアメリカンV8にふさわしいブランドということで、ボーラと並ぶアメリカの2大マフラーメーカー、マグナフローをチョイスさせて頂きました。


左がマグナフロー、右が純正。 アメリカ風に言うとCAT-BACK。 キャタライザー(触媒)から後ろということですね。 パイプ径も大きく、ラインもよりスムーズに。 そしてフルステンレスのシステムなので軽量になりました。

テールパイプフィニッシャーの違い。 上:マグナフロー、下:純正。

純正もそれなりに立派なんですが、大口径スラントした2重菅のマグナフローの存在感には負けますね。


一応、テールエンドのクローズアップも。

エキゾーストノートもご機嫌。 中低速のトルクが増し、高回転までの吹け上がりも良くなりました! これからまた、V8ライフを楽しん下さいね!