施工事例

カテゴリー別アーカイブ: 施工事例

ポルシェ718ケイマンGT4 RS プロテクションフィルム施工

RIP広報の原です。
ポルシェ718ケイマンGT4 RSのプロテクションフィルムを施工させていただきましたので、ご紹介いたします。


レース向けに開発されたとあって、どこから見てもレーシングカーなGT4 RS。
今後のサーキット走行を前に、プロテクションフィルムを貼っていきます。


まずフロントガラスにプロテクションフィルム「P-Shield」を施工させていただきます。
「P-Shield」は、高品質な純国産フィルムを使用したフロントガラス保護フィルムです。


ぴったりとガラス形状に沿わすため、慎重に作業を進めます。


次にボディのプロテクションフィルムを施工します。
ボンネットやフロントバンパーなどのフロント周りとフェンダーなどに貼っていきます。


XPELアルティメットフィルムは、キズや汚れからボディの塗装面を守り、いつまでも新車の輝きを保ちます。
チリやホコリを、出来る限り混入しないように細心の注意を払って丁寧に施工させていただきました。


またサーキットでご一緒できる時を楽しみにしております。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

アルファロメオ ジュリエッタ タイミングベルト交換

小澤です。今回はジュリエッタのタイミングベルトの交換です。
初めてイタリア車の作業だったので色々上手くいかないかと思いましたが、日本車とよく似ているので違和感無く作業が終わりました。
今回同時にウォーターポンプも交換しました。
上手くいって良かったです。

BRZマフラー取り付け

スタッフの瀬川です。
今週はBRZにマフラーの取り付けです。


ロッソモデロ COLBASSO S409TiC になります。


取り付け後は見た目もかなり変わりまして、
音も低音が効いててかなり良い感じです!!
お仕事頂きありがとうございます!

VW ゴルフ6 A/C修理

スタッフ吉田です。
VWゴルフ6がA/Cが効かないとの事てご入庫です。


ガスは入っているのにコンプレッサーが回らない💧


点検の結果、プレッシャースイッチの不良でしたので交換します。


フューズもパッと見た感じ問題なさそうでしたか
よく見ると・・・
交換後コンプレッサーもしっかり回って冷えも抜群!
納車となりました。
お仕事ありがとうございます。

フェラーリポルトフィーノ プロテクションフィルム施工

RIP広報の原です。
フェラーリポルトフィーノのプロテクションフィルムを施工させていただきましたので、ご紹介いたします。


今回は、ボンネットやフロントバンパーなどのフロント周辺をプロテクトします。


使用するXPELアルティメットプラスは、市場で出回っているプロテクションフィルムの中で最も高品質なフィルムとなります。


プロテクションフィルムに求められる性能は、擦りキズや飛び石に対する「耐衝撃性」、
シミや黄ばみなど、変色や汚れに対する「耐汚性能・耐候性能」、塗装の美しい艶をスポイルしない「透明度」。
アルティメットプラスは上記に加え、フィルムのトップコート上の浅いスクラッチ傷などが自然と消えてしまう「自己修復能力」も持っています。 (加熱が必要な場合もあります)


傷のない車両、修理歴のない車両は売却時の評価において非常に有利になりますので、新車ご購入の際にはプロテクションフィルム施工がおススメです。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

シビック タイプR ダウンサス&補強パーツ取付

今回は、ホンダシビック・タイプR(FK8)にダウンサスと補強パーツを取付けさせていただきましたので、ご紹介いたします。


取り付けるパーツは、SPOONのダウンサス。


FK8タイプRには、それぞれのダンパーが独立して減衰力を制御するアダプティブ・ダンパー・システムが搭載されています。 このシステムはドライバーの操作と車両の状態を瞬時に感知し、減衰力を緻密に電子制御するというもの。

 
そのアダプティブ・ダンパー・システムを最大限に生かしながら、低いフォルムとコントロール性の向上を期待して、SPOONのスプリングをお選びいただきました。


続いて補強パーツは、同じくSPOONのスティッフプレートフロント。


赤枠が、スティッフプレートフロント。
FK8シビックは、インナー骨格を持つ新開発高剛性プラットフォームが採用され、ボディ単体剛性は十分に確保されていますが、このパーツを取り付ける事で、更にボディとサブフレームの締結強度を向上し、より高いレベルの走行性能を発揮する事ができます。
ボディ剛性を上げても決して乗り心地は硬くならず、むしろサスペンションが本来の動きを最大限に発揮するため、しなやかで上質な乗り味となります。


装着は加工不要でボルトオン、純正アンダーパネルも装着できます。 普段は、アンダーパネルに隠れてしまいます。


最後にアライメント調整をして作業は完了です。 車高は純正比20mmダウン。
スプリングレートは純正比約10%アップですが、低速域の突き上げ感をマイルドになるよう設計されているため、街乗りからワインディング、サーキットまで幅広くお楽しみいただくことができます。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

Z4 エンジン不調

スタッフの瀬川です。
今回は、Z4のエンジン不調です。
アイドリング不調、エンジンハンチングなどで入庫のZ4です。 テスターでの診断ではラムダセンサー不良でしたが、こちらの車両は半年ほど前にセンサーを交換させて頂いてます 。


燃料系の不良も気になり、プラグなども点検させて頂きます。


ブローバイ、オイルセパレーター、アイドリングコントロール系とも清掃。
スロットルも清掃して、その後調整です。
無事アイドリングも落ち着き、エラーコードも消えました。
お仕事頂いてありがとうございます!

BMW X5 雨漏れ修理

スタッフの高橋です。
今回は天井から雨漏れがすると言う事で修理させていただきます。


サンルーフ付きのお車という事で診断していくとサンルーフの排水口の詰まりという結果になりました。
最近、大雨が多かったのもあり、排水が間に合わず室内に流れ込んで来たものだと思います。


水を流して空気を送り込んで中に詰まっていた汚れを排出します。


最後に排水の確認をして作業完了です。
作業のご依頼をいただきありがとうございました。

ベンツ EQE レーダー、TVキャンセラー取り付け

小澤です!さて、本題のお仕事ですが今回はEQEのレーダー探知機とTVキャンセラー取り付けです。
少し前に別のEQEの記事の投稿をみて下さったのか、初めて来店されたお客様でした。
EQEはベンツの電気自動車なのでまだまだ慣れないですが、こういったお仕事は出来ますので気になった方はご相談ください。
お仕事頂きましてありがとうございました。

ベルファイア リアゲート&リアバンパー鈑金修理

トヨタ ベルファイアのリアゲートとリアバンパーの鈑金修理をさせていただきました。


リアゲートにヘコミとリアバンパーに数か所擦り傷がありますので、今回はこちらを修理いたします。


リアゲートは、新品と交換となりましたので、仮合わせをします。


リアバンパーは、パテを薄く塗って、自然な仕上がりになるよう表面を整形していきます。


下地処理の後、塗装ブースでボディ同色に塗装します。


リアバンパーは塗分けがありますので、ディフューザー部のブラックを塗装後、マスキングを施し、他の部分をボディ同色のホワイトに塗装します。


次の行程では、マスキングを取り外し、クリア塗装を施します。


塗装後の表面を均していきます。


組付けて、仕上げ磨きをして修理は完了。 元通り綺麗に直りました。
お仕事をいただき、ありがとうございました。