施工事例

カテゴリー別アーカイブ: トヨタ

トヨタ86:ミッション交換・キャリパーオーバーホール

トヨタ86がトランスミッションのトラブルでご入庫いたしました。
サーキット走行中に4速が入らくなってしまったとのこと…。


今回は程度の良い中古トランスミッションと交換いたします。

まず最初にセンターパイプを取り、ドライブシャフトを外していきます。
ミッションオイルを抜いて、ミッションを取り外します。


左側が壊れてしまったミッション。 右側が今回取り付けるミッション。

ご購入頂いた中古ミッションを取り付けます。 取付後の作動にも問題ありませんでした。

今回のように中身の見えない部品は、少々お値段が張っても信頼のおける業者から仕入れたモノをお勧めさせて頂いております。


同時に、ブレーキキャリパーのオーバーホールもご依頼頂きました。


オーナー様の予想どおり、サーキットを頻繁に走られていることもあり、キャリパーを分解すると、熱害による錆やゴムの劣化が激しいです。
シール類が破けたままですとゴミや水が入って錆びてしまいますので,、早めの対処は正解でした。
一般走行のみの車両でも、シール類が劣化するとピストンの腐食が進行してブレーキの戻りが悪くなりますし、ひどい場合は、ピストンが固着してブレーキをひきずるという症状が発生する場合があります。

そんな訳でブレーキのオーバーホールは一般車両でも必須のメンテナンスメニューです。


キャリパー内部とピストンの錆や汚れを綺麗に取ります。
オイルシール、ダストブーツは新品に交換します。


組み上がったブレーキキャリパーを車両に取付て、ブレーキラインのエア抜きを行い作業完了です。

これでブレーキの効きはバッチリ!
スポーツパッド(エンドレスCC-Rg)本来の性能を引き出すことができるようになりました。


様々なパーツのアップグレードやカスタマイズも楽しいのですが、見えない部分のメンテナンスも大事です。
特にスポーツ走行されている方は、パーツが壊れる前に交換する予防的メンテナンスを心掛けて頂くと、結果的に余分なお金を使うことなくスポーツ走行を末永く楽しんで頂けると思います。

お仕事をいただき、ありがとうございました。

トヨタ GRヤリス:マフラー取付

鈴鹿サーキット走行会の常連であるM様のGRヤリス。


前回、HKS製の車高調サスペンションを取り付けさせて頂きまして、今回はHKS製マフラーの取付です。


マフラーは、HKSスーパーターボマフラー。車検対応。
約500馬力まで許容するハードチューニングにも対応可能なスポーツマフラーです。

外径は、110Φの2本出しで、テールは青い焼き色のチタンコーティング。
テールパイプ部はスリットテールといわれる二重構造をしていて、これにより排気騒音を低減させるようです。


車検に通る範囲内で、できるだけスポーティなサウンドを楽しみたいという方にはピッタリです。
見た目もカッコいいです。


普段の街乗りからサーキットまで幅広く楽しめますね。

お仕事をいただき、ありがとうございました。

トヨタ iQ:内装張替え

こんにちは、RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

トヨタ iQ の内装張替えのご依頼を頂きましたので、紹介させて頂きます。

お客様ご自身でDIYで張替しておられた部分を、素材の質感と色を変更して、

リメイクさせて頂きました。

今回の施工に合わせてお客様が準備された、張替え済みレカロ(他店施工品)

の配色をベースに、内装全体をコーディネートさせて頂きました。

黒を基調として、黒のレザーとウルトラスエードを使用して、白のレザーの面積を

少なくして、ステッチは、赤色で入れさせて頂きました。

施工箇所は、ダッシュボード、天井周り、サンバイザー、Aピラー、ステアリングエアバック部分、センターコンソール、スカッフプレート、ドア内張り(全面張替え)

ドア、天井、ダッシュボートの施工は、面積が大きいので、かなり印象が変わったと思います。

施工後↓

iQ_after-1 iQ_after-2 iQ_after-5 iQ_after-13 iQ_after-19 iQ_after-12 iQ_after-18iQ_after-3iQ_after-4iQ_after-7iQ_after-6 iQ_after-15

 

施工前↓

iQ-2 iQ-4

 

シート以外の張替え施工も是非、当店へご相談下さい。

トヨタアクア: スーパースター ガイスト19インチ装着

トヨタアクアに19インチホイールを装着!
オーナーのK様はご自分で車高調サスペンションの取付などもしてしまう、プライベーター。
今回はホイール、タイヤの購入とフェンダー加工でお手伝いさせて頂きました。

ホイールはスーパースター・ガイスト19x8.0。 カラーはチタングラデーション。

ご来店の際にはオーナー様がすでにこのホイール1択でのご用命。 
タイヤもルッチーニの205/35R19しかチョイスがなく、御見積等はサクサクと。

ご注文前に車高をバッチリ決め、その上でベストなインセットを計測。
オーナー様と弊社スタッフで協議の上決定したサイズが;
フロント:19x8.0 +35
リア:19x8.0 +29
注文から2カ月、タイヤを組んで仮合せ後にフェンダーの加工を経て、ようやく1枚目の写真の立ち姿に。
今後、カーショーなどのイベントでの活躍が期待される1台です!

GRヤリス: 車高調&アライメント

今、話題のGRヤリスがご入庫。
オーナーのM様は鈴鹿サーキットの走行会の常連。
このクルマも街乗りからサーキットまでストレスなく走れる仕様に仕上げて参ります。

今回は車高調サスペンションの取付とアライメント調整のセットメニューです。

サスペンション取付後のアライメントマシーン上のヤリス。

ノーマルから約25mmダウンです。

こちらは純正車高。 純正サスペンション取り外し前です。 フェンダーとタイヤの間が結構空いてますね~。
車高調サスペンションはHKSハイパーマックスS。
リアショックとスプリング+アジャスターの装着状態。
今回サスペンションが一応決まり、車高が下がって、キャンバーも付きましたので、いよいよタイヤ&ホイール選びに入ります!

タイヤは225/35-18、ホイールは18×9.5+40~45近辺の軽量ホイールをご検討中。
こちらも進捗状況もお伝えして参りますので、お楽しみに!

プロボックス 全塗装&リフトアップカスタム 第2弾!!

今年に入って2台目となるプロボックスのフルカスタムのご用命を頂きました。

ベース車はシルバーのMTモデル。

カラーやカスタム内容の打ち合わせが完了すれば作業スタート。

早速外装パーツをバラし、外装の下地処理をして全塗装の準備に入ります。

外装の塗装が完成すれば、仕上げの磨き作業を行います。

塗装と並行して、クラシックスタイルグリルの作成!

いい感じで仕上がりました。

リフトアップキットの取り付けを済ませて~~~

タイヤ&ホイールの交換をすませば完成!!

完成した姿がこちらです。

いかがでしょうか!!?

普通の商用車が遊び心満載の一台に変身しました。

クラシックスタイルのワンオフグリルが似合いますね!

H様、この度はベース車のお探しからフルカスタムまで、全て弊社にお任せいただきまして誠にありがとうございました。

新しいお車でのレジャーやキャンプ生活を楽しんでください。

車販部 小倉

 

トヨタ ハイラックス:リフトアップ

GUN125ハイラックスのリフトアップ作業をさせて頂きました。
TRDのロールバーやスキッドプレートも付いた車両でしたので、今回のモディファイでかなり迫力アップです!

JAOSの車高調リフトアップキットで、約2インチ(50mm)ほどアップ。
BFグッドリッチの大径タイヤも装着!

ハンドルを切るとフロントタイヤが若干当たるので、フェンダー内の加工もさせて頂きました。

今回はリフトアップに合わせてデフダウンも。

ジープ、ランドクルーザーなどリフトアップのお仕事もたくさんお受けしております。
キャンプやフィッシングなどアウトドアをもっと楽しみたいSUV乗りの皆様からのご依頼、お待ちしております!

トヨタ70プラド: グリル交換&フェンダーミラー化

いつもメンテナンス等をさせて頂いておりますH様の70プラド。

スパルタンさをアップさせるカスタムのご用命を頂きました。

今回のミッションは、トヨタ純正パーツを使用してフロントグリルの交換とサイドミラーのフェンダーミラー化。

フェンダーミラーは自衛隊車両などに使われているグレードのモノが入手可能です。

こちらが元々のグリル。 
オーバルのトヨタマークと外周がメッキのちょっとラグジュアリー感のあるバージョンです。

ドアミラーもメッキで、アメリカンSUVを意識したグレードだった模様。

マスキングテープの張ってある部分はフェンダーミラーの土台が付きます。

この部分の穴開け加工と、ドアミラーを外した跡を埋めるパネルを3Dプリンターで製作が必要ですが、ミラーもグリルも塗装が不要で、比較的リーズナブルにできるカスタムです。

ガンメタ一色にシンプルな水平3本ライン+TOYOTAのアルファベットエンブレムで、海外仕様のような雰囲気に。

このグリルも日本国内で入手可能です(今のところ)。

純正なので、フィッティングも問題なし。

質実剛健な印象が3割増しぐらいになりました!

この度はお仕事を頂戴し、ありがとうございました。

プロボックス 全塗装&リフトアップカスタム!!

T様よりご用命頂いたプロボックスのフルカスタムが完了し、先日無事に納車となりました。

今回はベース車からお探ししてゼロからのカスタムです。

ノーマル状態がこれ!

ご希望のカラー系列をお聞きしてカラーサンプルを作成。

オーナー様と打ち合わせを行います。

外装の下地処理と一部内装パネルのペイントを済ませてから、

外装の塗装工程に入ります。

足回りには大口径のMADタイヤを装着予定ですので、インナーの加工とリフトアップを行います。

ヘッドライトなどのパーツを組付けを済ませ、リフトアップ作業に入ります。

ここで忘れてはいけないのがラテラルロッドの交換!

いい感じで車高が上がりました!

↓そして完成!!

今回はオーナー様のご希望でドア内側&ドアポケット、テールゲート裏、リア荷室の一部もペイントさせて頂きました。

県内ではほとんど見ないカスタムですので、目立ち度バツグンだと思います。

キャンプや釣りなどの様々なアウトドアシーンで活用してください。

T様、この度はベース車両の購入から、カスタムのご用命を頂きましてありがとうございました。

今後のメンテナンスなどもお気軽にご相談下さい。

車販部 小倉

トヨタ マーク2 GX81 ステアリング巻き替え

こんにちは、RIPの内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

トヨタ GX81 マークⅡ のステアリングを巻き替えのご依頼を

頂きましたので、紹介させて頂きます。

ステアリングホイール(グリップ部分)は、本革で巻き替え、

ホーンボタン部分は、リペアで修理さえて頂いております。

かがり糸は、ドイツのアマン社 セラフィルを使用させて頂いております。

巻き替え、修理後↓

IMG_3995 IMG_3996 IMG_3997

巻き替え、修理前↓

IMG_3838 IMG_3837 IMG_3836

 

ご依頼頂きありがとうございました。

新型車、旧車問わず、巻き替え対応させて頂いております。