施工事例

カテゴリー別アーカイブ: トヨタ

16アリスト デフオイル漏れ

スタッフの瀬川です。JZS161アリストのオイル漏れになります。
16アリストも1997年デビューから26年経ちますが、こちらの車両はオーナー様の愛情たっぷりまだまだ現役です!


オイル漏れの箇所はデフサイドシール、プロペラシャフト部なので、デフをおろします。


デフが降りましたらシールを交換して、組み付けて完成です。
お仕事頂いてありがとうございます!

ヤリスカップ出場車 プロテクションフィルム施工

RIP広報の原です。
ヤリスカップ仕様のヤリスのフロントガラスに、プロテクションフィルムを施工させていただきましたので、ご紹介いたします。


このヤリスは、今週末に岡山国際サーキットで行われるヤリスカップに出場される車両です。
今回、そのレースを前にフロントガラスを保護するために、プロテクションフィルムを貼らせていただきます。


熱を加えながら、フロントガラスの形に合わせて貼っていきます。
ガラスへの密着が甘いと剥がれの原因になり、本来の性能を発揮できませんので、慎重かつ丁寧に作業を進めます。


施工完了です。
透明度が高いため、運転席からの視界にも違和感を感じるようなこともありません。


使用したフィルム「P-Shield」は、高品質な純国産フィルムを使用したフロントガラスのプロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)です。


レース車両は柔らかく、熱に強いハイグリップタイヤを履いているので、路面の小石を拾いやすく、後続車両はフロント周りやフロントガラスに飛び石の被害を受ける可能性が高くなります。
ヤリスカップのようなワンメークレースの場合、車両の性能差がないので、高速で密集して走行する場面も多く、フロントガラスへのダメージは年に数回は想定内のようです。
ヒビの入ったガラスでは次のレースに出場させてもらえませんので、初期投資は必要ですが、フロントガラスへのプロテクションフィルム施工は、参戦コスト抑制にとても有効です。


走行写真は鈴鹿サーキットでの練習走行を撮影したものです。
レースでの健闘をお祈りいたします。 頑張ってください!
お仕事をいただき、ありがとうございました。

30ヴェルファイア ペイント

スタッフの柴田です!
30ヴェルファイアのスライドドアの補修ペイントをさせていただきました!
お仕事をいただきありがとうございます!!

キャンピングカー スピーカー取付&カーテン製作

RIP広報の原です。
キャンピングカーのスピーカーのアップグレードとカーテン取り付けのご用命をいただきました。


車両は、トヨタ・カムロードベースの「リバティ52DB」。


快適な旅のお供に欠かせないのは、Good Musicですが、商用車がベースのため、標準スピーカーのパフォーマンスは…。 ということで、スピーカー交換、ツイーターとサブウーファーの増設をご依頼いただきました。
メインスピーカーは、この車両に装着のし易い、カロッツェリアの10cmセパレート2Way。
ツイーターも、カロッツェリアのチューンアップツイーターです。


運転席と助手席のダッシュボードに取り付けさせていただきました。
純正スピーカーにも簡単にシステムアップ接続ができ、高域不足をカバーした広帯域再生を実現します。
かなり音の広がりが変わって、聴きやすく感じます。


運転席助手席用の足元の真ん中に、サブウーファーを取り付けました。
とてもコンパクトながら、充分な低音がでます。


また、運転席助手席の上部にレールを設置し、カーテンを取り付けさせていただきました。
こちらはRIPの内装部門、K-FIVEによるカスタムメイドです。


カーテンを付けることで、車内が見えることもありませんし、運転席で仮眠する時も便利です。
これで、朝日や視線を気にすることなく、車中泊を楽しんでいただけると思います。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

200ハイエース クルーズコントローラー取り付け

小澤です。今回はハイエースにクルーズコントローラーの取り付けですね!
本来、この商品は車両にクルーズスイッチが付いている車両にのみ装着可能な商品なのですが、今回の車両はクルーズスイッチが付いていない車両でした。
この場合、純正のクルーズスイッチと付属品を買い揃えれば装着は可能なのですが、部品代が高額になってしまうので配線を加工して必要以上にコストを掛けないように装着させて頂きました。
オーナー様お仕事頂きましてありがとうございました。

トヨタ ハイラックスサーフ インパネ塗装

トヨタ ハイラックスサーフのインテリアパネルの塗装依頼を頂きました!
元のシルバーから黒色への色変えになります!


[塗装前]


バラシ作業と足付け作業を終え、下地となるサフェーサーを塗装して行きます!


[サフェーサー後]
サフェーサーが完了しました!
次はペイント作業になります。


[ペイント後]
ペイント完了です!!


シルバーから黒へ変わる事で車内の雰囲気がバシッと引き締まりますね!!
この度は数あるカーショップの中から弊社をお選び頂き、誠にありがとうございます!
今後とも宜しくお願い致します!!

ベルファイア リアゲート&リアバンパー鈑金修理

トヨタ ベルファイアのリアゲートとリアバンパーの鈑金修理をさせていただきました。


リアゲートにヘコミとリアバンパーに数か所擦り傷がありますので、今回はこちらを修理いたします。


リアゲートは、新品と交換となりましたので、仮合わせをします。


リアバンパーは、パテを薄く塗って、自然な仕上がりになるよう表面を整形していきます。


下地処理の後、塗装ブースでボディ同色に塗装します。


リアバンパーは塗分けがありますので、ディフューザー部のブラックを塗装後、マスキングを施し、他の部分をボディ同色のホワイトに塗装します。


次の行程では、マスキングを取り外し、クリア塗装を施します。


塗装後の表面を均していきます。


組付けて、仕上げ磨きをして修理は完了。 元通り綺麗に直りました。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

プリウス ガラスコーティング

向井です。
街中でも、少しずつ見る機会が増えてきた、現行型プリウス
ガラスコーティングの依頼でした。


施工完了後、写真を撮る前に雨に降られましたが、良く撥水していますね。
ご依頼ありがとうございました。

ハイエース後付けエアコン取り付け

小澤です。今回は最近お問い合わせの多い後付けエアコンの取り付けです。
前回のキャンピングカーには家庭用のエアコンを使用しましたが、今回は車用のエアコンを使用しています。
どちらがと言うより用途等で決めて頂く方が良いと思います。


今回の作業は室外機をスペアタイヤを外したところに取り付けて、室内は黒いボードを製作して取り付けさせて貰いました。
今回初めてのお仕事をさせていただいたお客様でしたが満足していただけてよかったです。
また何かありましたらご相談だけでもよろしくお願いします。

GR86 右前後フェンダー鈑金修理

トヨタGR86の右前後フェンダーの鈑金修理をさせていただきましたので、ご紹介いたします。


修理する箇所は、右側前後フェンダーのヘコミ・擦り傷です。


パネルのへこんだ箇所を引っ張ったり叩いたりして、ボディを元の形に整えていきます。
ある程度整ったら、パテを薄く塗って、自然な仕上がりになるようペーパーで研磨します。


サフェーサーを吹き付け、研磨して下地処理をします。
この下地処理で仕上がりが変わるので、丁寧に行います。


下地処理が終われば調色です。
何度も微妙に配合を変えて、現状の外装色に合わせていきます。


塗装です。 集塵能力が高い塗装ブースで塗装するため、ホコリやチリが付くことはありません。


塗装後の表面を均します。


組付けて、仕上げ磨きをして修理は完了。元通り、綺麗に直りました。
お仕事をいただき、ありがとうございました。