施工事例

カテゴリー別アーカイブ: マセラティ

マセラティ クアトロポルテ 内装 ベタベタ 修理

こんにちは、RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

マセラティ クアトロポルテ 内装のベタつき修理のご依頼を頂きましたので、

紹介させて頂きます。

修理前の状態↓

IMG_4174 IMG_4171 IMG_4178 IMG_4177 IMG_4176 IMG_4175

 

修理後↓

IMG_4405 IMG_4403 IMG_4402 IMG_4401 IMG_4406 IMG_4400 IMG_4399 IMG_4398

 

内装のベタつきのほぼ全てを修理させて頂きました。

ATシフト部分の表示は、ベタついた塗料の除去を完全に行ってから、文字を再現して仕上げております。

※エアコン操作パネルや吹き出し口など年式によって製造工程が違う様で、文字が消えてしまう場合がございます。吹き出し口については、違う形で、マークの再現は可能ですが、再現出来ない部分も御座います。

修理する為に、内装から、全ての部品を取り外し、分解後、ベタついた塗料の除去、再塗装箇所の下処理、塗装、分解した部品の組み立て、車両への取付、取付後の動作確認、テスターでのエラー消去。の様な作業工程となります。

マセラティ以外にも、国産車、輸入車問わず対応させて頂いておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

マセラティ クアトロポルテ 内装 ベタつき 修理 

こんにちは、RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

マセラティ 内装の塗装パネルの経年劣化によるベタつき

修理の紹介です。

当社では、車両から取り外し、分解可能な部分は、出来るだけ分解し、

ベタつきの原因となっている塗装を丁寧に除去し、再塗装して修理を

行います。手間はかかりますが、今後、ベタつきの再発生の心配は、

殆どありませんので、これからも大切に長くお乗りになられる予定の

場合におすすめの修理方法だと思います。

↓再塗装 修理前

IMG_1368 IMG_1369 IMG_1370 IMG_1371

↓ 結構、分解します。

IMG_1385 IMG_1401

 

↓ 再塗装 修理後 完成画像

DSC_3476 DSC_3475 DSC_3474 DSC_3473 DSC_3472 DSC_3471 DSC_3470 DSC_3469

 

マセラティ グランツーリズモや

マセラティ以外の、VW、BMW、アウディ、フェラーリ、ランボルギーニ等

内装のベタベタで、お困りの際は、是非当社にお問合せ下さい。

大切なお車、丁寧に修理させて頂きます。

 

マセラティ:納車整備

先日ご成約頂きましたマセラティクワトロポルテの納車前の点検整備をさせて頂きました。

非常にきれいな車両でしたので、特に修理の必要は無かったので、エンジンオイルの交換と、消耗品であるタイヤを新潮させて頂きました。 タイヤはグリップ性能、快適性のバランスが良いピレリP-ZEROをチョイスさせて頂きました。

フロントのブレーキパッドの残量が少なめでしたので、パッド交換&ローター研磨。  パッドは低ダストパッドの定番、ディクセルTYPE-Mを装着させて頂きました。  マセラティなど、日本ではレアな車両を含め膨大な適合を持つディクセルさん、凄いです。

マセラティ 3500GT 天井張替え 修理

こんにちは、RIP内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

Maserati 3500GT の天井張替えをご依頼頂きましたので、

紹介させて頂きます。

本国で、レストアされて国内に輸入されたお車で、

今回は、天井のセンター部分のみの剥がれの張替え修理でのお預かりです。

もとものと生地は、劣化が進んでいて、綺麗に修理することが難しかったので、

新たに、似た色の生地に、近いパターンのパンチング加工を施して、使用しています。

工程としては、作業しやすいように、ある程度、内装部品を取り外し、劣化した生地、ウレタン、接着剤を清掃し、接着剤を使用し、ウレタン、表皮を貼り付けて行きます。あとは、内装を戻して完了です。

 

マセラティ 3500GT 内装 マセラティ 3500GT 天井 マセラティ 3500GT 天井

クラシックカーの張替え、修理をお考えの場合は、一度、当店にもご相談下さい。