施工事例

カテゴリー別アーカイブ: マツダ

CX-30:フロント・ロアグリルを3Dプリンターでワンオフ製作

RIP広報の原です。
マツダCX-30のフロント・ロアグリルを3Dプリンターで製作し、取付させていただきましたので、ご紹介いたします。


まずは、取付前の画像がこちら。
ナンバープレートの両サイドにある純正のロアグリルはいわゆる吹き抜け仕様。


丸見えのラジエーターへ飛び石や枯葉などが入り、故障の原因になる可能性があるため、それを防ぐグリルをワンオフ製作したいというのが、今回のオーダーです。
アッパーグリルのデザインをあしらった社外品ロアグリルも販売されているようですが、フロントフェイスが派手になりすぎる印象があり、オーナー様ご希望のハニカムメッシュのデザインで製作させていただきました。


純正バンパーをスキャンしたデータを元に、CADでメッシュグリルを設計し、3Dプリンターで出力します。


バリを取り、表面を紙ヤスリ等で均していきます。


サーフェーサー塗装をして、さらに均していきます。
形状が複雑なため時間がかかりますが、手作業で丁寧に形を整えていきます。


下地処理の完了後、黒に塗装します。


フロントバンパーを外して、取り付けます。


取付前


取付後


気付きにくいかもしれませんが、やはりあるのと無いのでは印象が大きく違います。
また、きちんと枠があり、奥行きもあるので、汎用のメッシュパネルを切り張りしただけのDIY的なワンオフ品とは一線を画す仕上がりとなっています。


ロアグリルが主張しすぎず、メイングリルの意匠を損なわない自然な組み合せとなりました。
専門家の間でも評価の高いCX-30のデザインですが、更に洗練された顔立ちになったかと思います。
オーナー様にも、大変喜んでいただくことができました。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

RX-7 FD3S:ウイング取付

RIP広報の原です。
マツダRX-7 FD3Sのウイングを取付させていただきましたので、ご紹介いたします。


初音ミクが印象的な痛車のRX-7 FD3Sがご入庫しました。
今回のオーダーは、社外ウイングの取付です。 ウイングはオーナー様による持ち込み品です。


残念ながらウイングの土台部分がトランクの形状と全く合っていないため、加工が必要となります。


仮合わせをしてみると、ベースがトランク面に沿わず、大きな隙間が空いています。


この隙間をFRPで埋めて、自然な仕上がりになるよう土台を成形します。


形が整ったら、サーフェーサーを塗装して研磨します。


土台は、ボディー同色で塗装します。


ウイング本体と翼端板はカーボン製なので、クリア塗装をしました。


組付けて完成です。 違和感のない、自然な土台が出来上がりました。


お客様にも大変喜んでいただけました。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

NDロードスター:Top Speed エキゾーストシステム取付

今回は、NDロードスターに社外マフラーを取付させていただきましたのでご紹介いたします。


装着するマフラーは、トップスピード製フルステンレス・エキゾーストシステム(エキゾーストマニホールド、中間パイプ、リアマフラーのセット)となります。


注文時からわかっていたことですが、アメリカのメーカー故に2.0L車用の設計となり、エキマニは使用できません。 
そこで、1.5L用の社外エキマニを調達し、そこにトップスピードのマフラーをドッキングさせます(要加工)。


取付完了。 エキマニとマフラーを交換したことでアクセルに対するレスポンスが良くなりました。
サーキット走行でのラップタイムの向上が期待できそうです。 
エキゾーストノートもスポーティなものとなりましたので、さらに走るのが楽しくなりますね。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

NDロードスター ハンドル交換

小澤です。
NDロードスターのステアリングの交換です。


ステアリング本体以外は純正部品を使いますので仕上がりが凄く自然ですね。


今回は部品持ち込みでの作業でしたので部品の詳細は分かりませんがとても精度の良い商品で取り付けが比較的簡単でした。
当店は部品の持ち込み取り付けも取り寄せての取り付けもokです。
もちろんカスタムのことが分からないと言う場合も相談頂けたらご提案させて頂きます。よろしくお願いします。


そしてNDロードスターのオーナーさま、お仕事頂きましてありがとうございました。

アクセラ:鈑金塗装修理

RIP広報の原です。


マツダスピード・アクセラ(BL3FW)が修理のため、ご入庫いたしました。


左リアドアとクォーターパネルのスリ傷を鈑金塗装で修理いたします。


まずドアのへこんだ箇所の塗膜を削り落として、鉄板をむき出しにします。
パネルのへこみを鈑金作業で元の形に近づけます。


パテを薄く塗ってパネルを整形します。


整形作業終了後、サフェーサーを塗って下地処理をします。


現状のボディと同色になるよう慎重に調色し、ブースで塗装します。

塗装作業完了後、元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをして鈑金塗装 修理は完了です。


綺麗に元通りとなりました。 またドライブを楽しんでいただければと思います。

動画はこちら。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

MAZDA ユーノス ロードスター ドア内張り

スタッフの谷です。
MAZDA ロードスターのドア内張りの張り替えをしました。


張り替え前です。
全体的にかなりヤレた状態で、テープによる補修がされていました。


内張りの裏はこのような状態です。
現代の樹脂製の内張りとは違い、木の板の様な素材なので湿気や繰り返しの脱着による変形がひどいので板から作り直しとなります。


板を作り直し、張り替え後です。
上部はダッシュボードの質感に近い黒の合皮。
下部は昨年に当社でシートの張り替えをさせて頂いた際に使用した青の合皮を使用して張り替えとなりました。


レストアに近い張り替えなのでシンプルなデザインとなりますが、シートと合わせて車内を見ると統一感のある仕上がりとなります。

株式会社ケイファイブ
●自動車内装、シート、天井 等 張替え、修理
●オーダーメイドインテリア製作
●椅子、ソファー 張替え、修理
定休日:金曜日・第二、第四土曜日 営業時間:10:00~19:00
TEL: 077-582-5337 
FAX: 077-535-5719
Mail: info@k-five.jp
滋賀県守山市大門町108-3
https://www.k-five.jp/

アライメント調整いろいろ

大型連休を控えた季節ということもあり、この春もアライメント調整のお仕事をたくさん頂戴致しました。


乗り心地改善のため、ショックアブソーバーを交換させて頂いたマツダCX-8。
快適なドライブを楽しんで頂けるようアライメントの狂いも調整させて頂きました。


リフトアップキットの装着をさせて頂きましたJB64Wジムニー。


鈑金修理でご入庫の70ノア。 足回りもきっちり点検、調整します。


ローダウンスプリングを組ませて頂きましたアバルト124スパイダー。
車高に合わせ、アライメント調整、光軸調整をさせて頂きました。


鈑金修理をさせて頂きました80VOXY煌。衝突のインパクトで狂ったアライメントを調整して、完成です。

では皆様、安全運転で楽しいゴールデンウィークを!

RX-7 FD3S:ボディ補修・ペイント

RIP広報の原です。
マツダRX-7 FD3Sのボディ補修と塗装をさせていただきましたので、ご紹介いたします。


入庫された時の画像がこちら。
塗装の色褪せやボディとリップスポイラーにわずかなヘコミや擦り傷がありますので、補修し塗装して綺麗にしていきます。


ボディの傷んでいる個所をパテで補修していきます。
主にドアから前のパーツ全てを塗装します。


ボディやバンパーの塗装する表面の研ぎ作業を行います。
塗料の密着性を高めるための重要な工程です。


サーフェーサー(下地処理剤)を施工後、塗装面にデコボコがないように均一に研いでいきます。
塗装する色を現状のボディ色(今回塗装しないボディ後部)と同じになるよう調色します。


マスキングをして、調色した色で塗装します。


クリア塗装することで、ツヤ出しや塗装の保護になります。


フロントバンパーなど各パーツも同じように塗装します。


新品のカーボンリップスポイラーとサイドステップは、キャンディブラックで塗装します。


塗膜が完全に乾いたら、塗面の上に付着した微細なゴミの除去のために磨き作業を行います。


各パーツを組付けて完成です。


約20年前のFDですが、とても綺麗になりました。
これからも大切に乗り続けていただければと思います。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

ND ロードスター:RK DESIGNマフラー取付

RIP広報の原です。


今回は、NDロードスターにRK DESIGNマフラーを取付させていただきましたのでご紹介いたします。


ひと通りカスタマイズされた車両で、マフラーも砲弾型シングルタイプへ変更されております。
これはこれでカッコいいのですが、更にアグレッシブなサウンドとルックスへモディファイさせて頂きます。
オーナー様には代車で滋賀を観光していただき、その時間で作業をさせて頂きます。


RK DESIGNリア4本出しマフラー ND5RC/NDERC。 税込54,780円。


型紙をリアバンパーに貼ります。


4本出しのRK DESIGNマフラーを装着するためにバンパーをカット、左側2本用の切り欠きを作ります。
(純正マフラー用の右側の切り欠き部分は無加工で装着可能です)
型紙に合わせてカットし、縁の部分を綺麗に整えます。

取付完了です。 
鈑金作業に習熟した弊社ではバンパーの加工からマフラー本体の取付まで短時間で施工可能です。


GTウィングとの相乗効果で迫力のあるルックスになりました!


お仕事をいただき、ありがとうございました。

NDロードスター:レカロシート取付

RIP広報の原です。


今回は、マツダ NDロードスターにレカロシートを取り付けさせていただきましたので、ご紹介いたします。


取り付けるフルバケットシートは、RECARO RS-G。
レカロはドイツの企業ですが、RS-Gシリーズは日本人の体型に合わせて開発された、日本国内モデルです。
いわゆるやせ型から中肉中背体型の方フィットしやすいかと思われます。


純正シート取り外します。


シートレールを付けて取り付け。 同時に、乗降時のこすれを防ぐサイドプロテクターも取り付けました。
レカロへの変更で、今まで以上に、人馬一体感あふれるドライビングを楽しんで頂けますね!


フルバケットシートと聞くと競技専用と思ってしまいがちですが、純正シートより長距離運転時の疲労が少ない場合も多いです。 
ご自身の身体に合っている事が前提ですが、常に最適な運転姿勢を保つことができるので、純正シートより遥かに楽に感じられると思います。


乗り降りがちょっと大変になったり、リクライニングができないなどのデメリットもありますが、ホールド力は抜群で、快適なドライブのサポートをしてくれます。
ロードスターの場合は純正シートでもほぼリクライニングはできないので、フルバケットシートにした場合のメリットの方が大きいのではないでしょうか。 
お仕事をいただき、ありがとうございました。