施工事例

カテゴリー別アーカイブ: メルセデスベンツ

AMG GT S エディション1:ROTORAブレーキディスクローター取付

メルセデス-AMG GT S エディション1にROTORA ブレーキディスクローターを取付けましたのでご紹介いたします。


ROTORAと言えば、ビッグキャリパーを含んだブレーキキットのイメージが強いのですが、一部車種用には純正交換タイプのブレーキローターキット「RDK:Replacement-Disk-Kit)も設定があります。
軽量、高強度素材を使用したROTORAブレーキディスクローターは、純正大型キャリパーとの組み合わせにより、耐熱性能と制動トルクが純正ブレーキより大きく向上します。


左が純正のディスクローターで、ローターに小さい穴が沢山開いているドリルドローターです。
右がROTORAで、沢山の溝が入っているスリットディスクローターです。
気になるのは、それぞれの重量ですね。


フロントは、純正が13.44kg。 ROTORAが11.19kg。 その差2.25kg。
リアは、純正が8.37kg。 ROTORAが6.97kg。 その差1.4kg。 
4枚合わせると計7.3㎏も純正から軽量化されています。
サスペンションのバネ下が軽いとハンドリングが向上し、レスポンスの良い操作感を楽しむことができます。


装着完了。ホイールの隙間から見える多くのスリットが、ローターの存在感をアピールします。
スリットが多い分、ブレーキパッドの減りも早くなるので注意が必要ですが見た目のインパクトは抜群です!


オーナー様からもサーキットでのフィーリングとしては上々と太鼓判をいただきました。高い制動力としっかりとしたペダルフィーリング、コントロール性、耐久性、信頼性というすべての性能を統合したブレーキシステム、それがロートラのブレーキです。
RIPは、日本で唯一のROTORA代理店です。 気になった方は、お気軽にお問い合わせください!

牽引ベルト ワンオフ製作

RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。
汎用のベルトの金具を使い、ベルトのみ違う色で作り替えさせえて頂きました。
ベルトの色は、少し変わった色で、ターコイズのベルトと縫製糸を使用して製作させて頂きました。
アメリカから輸入した、シートベルト用として販売されているベルトを使用しております。


ご依頼頂きありがとうございました。

メルセデスベンツ W115:シート 内装張替え 内装レストア

RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。
メルセデスベンツ W115 内装張替え を紹介させて頂きます。

ダッシュボード、センターコンソール、ステアリング以外は、殆ど張替えさせて頂きましたので、総張替え、内装フルレストアと言っても良いくらいの作業となりました。

張替えに使用した材料は、 Bridge of Weir の本革 で、アストンマーティン、マクラーレン、ランドローバー、ボルボなどのメーカーが採用している歴史のあるメーカーです。
フロアカーペット、フロアマットに使用した生地と天井張替えに使用させて頂いた材料も、この年式の車にマッチする様に輸入品からお選び頂きました。


張替えの方法や使用方法などを、細かい部分はお任せ頂いた事で実現出来た内装の雰囲気かと思います。
お客様のご要望はもちろん踏まえた上ですが、雰囲気や質感だけでなく、日常使いのオールドメルセデスとして各使用部分の耐久性も考慮して、作業を進めさせて頂きました。

ご依頼頂きありがとうございました。

W245 Bクラス:ドライブシャフトブーツ交換

ユーザー車検に挑戦されるお客様の、メルセデスベンツB180(W245)の整備を行わせて頂きました。
一度ユーザー様自ら車検を受けたのですが、ドライブシャフトブーツの破断で車検が通らず…。
点検させて頂くと、ドライブシャフトのインナーブーツが破れていました。

こちらが古いブーツ、蛇腹の途中で切れてしまいグリスがにじみ出てしまっていました。

早速、新品の社外品を入手して交換です。

W245はドライブシャフトの太い方のサイズが2種類混在しており、注文時は現車確認が必要です。

ドライブシャフトを車体に組付けて完成。
これで、また快適にドライブを楽しんで頂けるかと思います。
この度はお仕事を頂き、誠にありがとうございました。

ベンツGクラス:パワーウィンドーレギュレーター交換

左リアのパワーウィンドーが動かない!、ということで、ベンツGクラス、AMG G63がご入庫。

早速ドアの内張をばらして調べてみると、パワーウィンドーレギュレーターが故障していました。

パワーウィンドーレギュレーターとは、ドアのウィンドウを上下させる為の部品で、モーターが回転し、ワイヤー経由でガラスを上下に動かします。


今回は閉まったまま下がらない状態でラッキーでしたが、お出かけ先で、下がったところでレギュレーターの寿命が尽きってしまったら大変です…。
ウインドウを上下する度にゴリゴリなどという異音が出たり、動きがギクシャクする、動きが遅くなったなどの場合は、レギュレーターの故障が考えられます。 お早めの点検、修理をおススメいたします。


こちらがワイヤーが絡んで破損してしまったパワーウィンドーレギュレーター。
このタイプのレギュレーターはワイヤーが切れて、ウインドウがドアの中に落ちてしまことも…。
おかしいなと思ったら早めに点検を。


こちらの新品と交換します。


各部のグリスアップ等して、レギュレーターを取付け、その後内張を組み付けていきます。

レギュレーターを交換後は異音も無く、スムーズに動くようになりました。
ご依頼いただき、ありがとうございました。

メルセデスベンツ Gクラス シートベルト巻き替え

こんにちは、RIP 内装部門のケイファイブ 黒瀬です。

ベンツ W464 Gクラス のシートベルト巻き替えさせて頂きましたので、

紹介させて頂きます。

赤色のベルトに交換させて頂きました。

IMG_6691 IMG_6692 IMG_6698

 

ご依頼、ありがとうございました。

お問合せお待ちしております。

ベンツGLC300: 低ダストブレーキパッド

X235メルセデスベンツGLC300のブレーキパッド交換をさせて頂きました。

純正ブレーキパッドのダストも多さに辟易されたオーナー様のご要望にパーフェクトに応えてくれるのが、Hella/PAGIDのSILVERAMIC。
低ダストタイプなのに制動力、コントロール性能もバッチリ。 欧州車に超オススメです!

W246 Bクラス:シルベラミック低ダストパッド

低ダストブレーキパッドのご依頼の多いメルセデスベンツ。

パッド消耗の警告灯が点灯した!ということで、M様のW246・B180がご入庫です。
早速ヤナセさんへ連絡!
低ダストパッドの要望の高い日本市場用にHELLA PAGIDが製造しているSILVERAMIC(シルベラミック)をご用意させて頂きました。

納車時はあいにくの雨模様でしたが、新しいブレーキパッドで気持ちよくドライブを楽しんで頂けますね!

ベンツCクラス:ディクセルブレーキ

春らしい暖かい日が増えてきた今日この頃。 お仕事に、レジャーにと運転する機会も増えてくるシーズン。
メンテナンス系のお仕事を多数頂戴しております。

メルセデスベンツC180ワゴン(W204)がブレーキ交換でご入庫です。

ブレーキローター、パッド共に性能と価格のバランスが素晴らしいディクセルをご用意させて頂きました。
ローターはベーシックモデルながら純正同等かそれ以上のパフォーマンスを持つ、「タイプPD」。 
パッドは低価格ですが制動力、耐久性に優れた「プレミアム」。 
低ダストパッドの「タイプM」には負けますが、ベンツ純正パッドよりは全然ダストも少ないです。

ブレーキローター&パッドと共にエンジンオイル、オイルエレメントも同時に交換させて頂きました。

コロナ禍にあって、ドライブは密にならない数少ないレジャー。 
敢えてマイナー観光地を選んでドライブしてみる、なんていうのは如何でしょう?
実は世間に知られていない魅力的な風景や食べ物に出会えるチャンスかも!

メルセデス ベンツ W124 ルーフライナー張替え修理

こんにちは、RIP内装部門のケイファイブの黒瀬です。

メルセデスベンツ W124 のルーフライナーの張替え修理の依頼を頂きましたので、

張替え修理させて頂きました。

生地は、純正と同じビニール系のグレーの生地で張替え修理させて頂きました。

同じ生地で張替えの場合、在庫が有る場合は、比較的早めに修理可能ですが、

在庫がない場合は、輸入の生地ですので、お待ち頂く時間が長くなります。

IMG_3769 IMG_3768 IMG_3770

 

メルセデスベンツ以外にも、国産車、輸入車問わず対応させて頂いておりますので、

お問合せ下さい。