施工事例

カテゴリー別アーカイブ: メルセデスベンツ

メルセデスベンツ W114 W115 ドア内張り 張替え 内装張替え 内装レストア

RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。
以前に施工させて頂いた、MercedesBenz W115 内装の部分的な紹介です。
内装全てをレストアさせて頂いた車両です。
ドア上部分は、ビニールレザー、下側は本革で施工させて頂いております。
グリップなどももちろん張替え対応可能ですが、今回は、日常使いされているお車との事でしたので、耐久性、日ごろのクリーニングなどの使い勝手を考えて、純正樹脂のままです。


張替えと併せて、防水用のビニールの交換と純正の制振材も無くなっていたので、新たに貼り付けさせて頂きました。
ドア内部の防錆材も塗布させて頂いて、少しでも、長く、綺麗な状態で乗って頂ける様に、作業させて頂きました。

RIPグループ 内装部門 ケイファイブ
株式会社ケイファイブ
●自動車内装、シート、天井 等 張替え、修理
●オーダーメイドインテリア製作
定休日:金曜日・第二、第四土曜日 営業時間:10:00~19:00
TEL: 077-582-5337 
FAX: 077-582-5771
Mail: info@k-five.jp
滋賀県守山市大門町108-3
https://www.k-five.jp/

メルセデスベンツ R129 SL500 本革 シート張替え

RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。
MercedesBenz R129 SL500 シート張替えのご依頼を頂きましたので、紹介させて頂きます。
今回は、イタリアから本革を取り寄せての張替えとなりました。
センター部分のパンチングは、国内加工です。
ステッチ糸は、ドイツ アマン社のセラフィルという糸を使用しています。
車両用で大変丈夫な糸です。当社では、糸に関しても豊富(60色程度)に在庫しておりますので、
在庫色の中からでしたらお選び頂き張替え可能です。

これからも長くお使い頂ける様、内部ウレタンもしっかり修理させて頂いております。
※弊社では、張替え施工時にクッション材にへたりが出ている場合は、修理や交換をお勧めさせて頂いております。
追加の修理費用はかかりますが、張替えと同時に施工させて頂いた方が、表皮への負担も少なく、シワにもなりにくく、
綺麗な状態を維持しやすく、結果的に表皮もクッション材も長くお使い頂けます。


ご依頼頂きありがとうございました。

RIPグループ 内装部門 ケイファイブ
株式会社ケイファイブ
●自動車内装、シート、天井 等 張替え、修理
●オーダーメイドインテリア製作
定休日:金曜日・第二、第四土曜日 営業時間:10:00~19:00
TEL: 077-582-5337 
FAX: 077-582-5771
Mail: info@k-five.jp
滋賀県守山市大門町108-3

https://www.k-five.jp/

メルセデスベンツSL:エアロパーツ補修ペイント

RIP広報の原です。


ベンツSLのエアロパーツの補修と塗装をさせていただきましたので、ご紹介いたします。


こちらのお車は、ベンツSL(R230)でWALD Black Bison仕様です。
フロントバンパー、オーバーフェンダー、サイドステップに傷みがあるので、補修し塗装していきます。


まずリアのオーバーフェンダーからです。


建付けを調整してパテで形状を整えます。


フロントバンパーとサイドステップも建付けを良くするために、細かな修正を行います。
パテの余分な部分を削り、表面が滑らかになるよう丁寧に整えていきます。


研磨後に下地処理としてサフェーサーを塗装します。


塗装後、塗面の上に付着した微細なゴミを除去するため、磨き作業を行います。

合わせて、ヘッドライトにスモークプロテクションフィルムを施工させていただきました。
ヘッドライトの保護と同時に紫外線によるヘッドライトの黄ばみを軽減させることが可能です。
パーツを保護しながら、ドレスアップが出来るプロテクションスモークは一石二鳥アイテムです。

組付けて完成です。
隙間なく取り付けられたことで、仕上がりが格段に良くなりました。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

ベンツSL ヘッドライト スモーク化 プロテクションフィルム

WONDERSの谷です。
本日はヘッドライトにスモークプロテクションフィルムを施工させていただきました。
車両はベンツSL
元々ヘッドライトのインナーをブラックにペイントされてて、一気に黒さが増しました。
劣化しているヘッドライトもスモーク化することで少し綺麗に見えます👌


ご用命ありがとうございました。

AMG GT S エディション1:ROTORAブレーキディスクローター取付

メルセデス-AMG GT S エディション1にROTORA ブレーキディスクローターを取付けましたのでご紹介いたします。


ROTORAと言えば、ビッグキャリパーを含んだブレーキキットのイメージが強いのですが、一部車種用には純正交換タイプのブレーキローターキット「RDK:Replacement-Disk-Kit)も設定があります。
軽量、高強度素材を使用したROTORAブレーキディスクローターは、純正大型キャリパーとの組み合わせにより、耐熱性能と制動トルクが純正ブレーキより大きく向上します。


左が純正のディスクローターで、ローターに小さい穴が沢山開いているドリルドローターです。
右がROTORAで、沢山の溝が入っているスリットディスクローターです。
気になるのは、それぞれの重量ですね。


フロントは、純正が13.44kg。 ROTORAが11.19kg。 その差2.25kg。
リアは、純正が8.37kg。 ROTORAが6.97kg。 その差1.4kg。 
4枚合わせると計7.3㎏も純正から軽量化されています。
サスペンションのバネ下が軽いとハンドリングが向上し、レスポンスの良い操作感を楽しむことができます。


装着完了。ホイールの隙間から見える多くのスリットが、ローターの存在感をアピールします。
スリットが多い分、ブレーキパッドの減りも早くなるので注意が必要ですが見た目のインパクトは抜群です!


オーナー様からもサーキットでのフィーリングとしては上々と太鼓判をいただきました。高い制動力としっかりとしたペダルフィーリング、コントロール性、耐久性、信頼性というすべての性能を統合したブレーキシステム、それがロートラのブレーキです。
RIPは、日本で唯一のROTORA代理店です。 気になった方は、お気軽にお問い合わせください!

牽引ベルト ワンオフ製作

RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。
汎用のベルトの金具を使い、ベルトのみ違う色で作り替えさせえて頂きました。
ベルトの色は、少し変わった色で、ターコイズのベルトと縫製糸を使用して製作させて頂きました。
アメリカから輸入した、シートベルト用として販売されているベルトを使用しております。


ご依頼頂きありがとうございました。

メルセデスベンツ W115:シート 内装張替え 内装レストア

RIP 内装部門 ケイファイブの黒瀬です。
メルセデスベンツ W115 内装張替え を紹介させて頂きます。

ダッシュボード、センターコンソール、ステアリング以外は、殆ど張替えさせて頂きましたので、総張替え、内装フルレストアと言っても良いくらいの作業となりました。

張替えに使用した材料は、 Bridge of Weir の本革 で、アストンマーティン、マクラーレン、ランドローバー、ボルボなどのメーカーが採用している歴史のあるメーカーです。
フロアカーペット、フロアマットに使用した生地と天井張替えに使用させて頂いた材料も、この年式の車にマッチする様に輸入品からお選び頂きました。


張替えの方法や使用方法などを、細かい部分はお任せ頂いた事で実現出来た内装の雰囲気かと思います。
お客様のご要望はもちろん踏まえた上ですが、雰囲気や質感だけでなく、日常使いのオールドメルセデスとして各使用部分の耐久性も考慮して、作業を進めさせて頂きました。

ご依頼頂きありがとうございました。

W245 Bクラス:ドライブシャフトブーツ交換

ユーザー車検に挑戦されるお客様の、メルセデスベンツB180(W245)の整備を行わせて頂きました。
一度ユーザー様自ら車検を受けたのですが、ドライブシャフトブーツの破断で車検が通らず…。
点検させて頂くと、ドライブシャフトのインナーブーツが破れていました。

こちらが古いブーツ、蛇腹の途中で切れてしまいグリスがにじみ出てしまっていました。

早速、新品の社外品を入手して交換です。

W245はドライブシャフトの太い方のサイズが2種類混在しており、注文時は現車確認が必要です。

ドライブシャフトを車体に組付けて完成。
これで、また快適にドライブを楽しんで頂けるかと思います。
この度はお仕事を頂き、誠にありがとうございました。

ベンツGクラス:パワーウィンドーレギュレーター交換

左リアのパワーウィンドーが動かない!、ということで、ベンツGクラス、AMG G63がご入庫。

早速ドアの内張をばらして調べてみると、パワーウィンドーレギュレーターが故障していました。

パワーウィンドーレギュレーターとは、ドアのウィンドウを上下させる為の部品で、モーターが回転し、ワイヤー経由でガラスを上下に動かします。


今回は閉まったまま下がらない状態でラッキーでしたが、お出かけ先で、下がったところでレギュレーターの寿命が尽きってしまったら大変です…。
ウインドウを上下する度にゴリゴリなどという異音が出たり、動きがギクシャクする、動きが遅くなったなどの場合は、レギュレーターの故障が考えられます。 お早めの点検、修理をおススメいたします。


こちらがワイヤーが絡んで破損してしまったパワーウィンドーレギュレーター。
このタイプのレギュレーターはワイヤーが切れて、ウインドウがドアの中に落ちてしまことも…。
おかしいなと思ったら早めに点検を。


こちらの新品と交換します。


各部のグリスアップ等して、レギュレーターを取付け、その後内張を組み付けていきます。

レギュレーターを交換後は異音も無く、スムーズに動くようになりました。
ご依頼いただき、ありがとうございました。

メルセデスベンツ Gクラス シートベルト巻き替え

こんにちは、RIP 内装部門のケイファイブ 黒瀬です。

ベンツ W464 Gクラス のシートベルト巻き替えさせて頂きましたので、

紹介させて頂きます。

赤色のベルトに交換させて頂きました。

IMG_6691 IMG_6692 IMG_6698

 

ご依頼、ありがとうございました。

お問合せお待ちしております。