施工事例| RIPリップ – JUST BALANCE

施工事例

DC2 インテグラタイプR 全塗装

RIP広報の原です。
ホンダ インテグラタイプR(DC2)の全塗装&エアロパーツの取り付けをさせていただきましたので、ご紹介いたします。


こちらの車両は、約30年前の初代インテグラタイプR。


小型スペシャルティカーのインテグラの中でも、特に走りにこだわった高性能グレードとして設定された「Type-R」は各種のモータースポーツで活躍しました。 高回転なVTECエンジンが人気でした!


まずはライト類やバンパーを外していきます。


リアウイングは、純正から無限製の中古品に交換。 仮合わせをします。
リアバンパーも98スペックに変更します。


左ドアとクォーターに大きなヘコミと擦り傷があるので、ここは鈑金修理いたします。


パネルのへこんだ箇所に、ワッシャーを並べて溶接し、スライドハンマーで引っ張り出して、ボディを元の形に整えていきます。


次にヘコミや傷、塗膜の劣化を研ぎ落として、薄くパテを塗って表面を整えていきます。


ボディ全体の細かなキズやヘコミも修正、表面を研磨して整えます。


バンパーで隠れる部分やドアの内側も塗装するので、しっかり足付けを行います。


サフェーサーを吹き、更に均していきます!


ボディ本体の塗装です。  面積が大きいので二人で塗りました。


サイドスカートやミラー、リアアンダースポイラーなどは、取り外して塗装します。


塗装完了後は、充分乾燥させてから表面を磨いて綺麗にしていきます。


組付けて完成です。  新車のように綺麗になりました。
リアアンダーフィンは中古の純正品が見つからず、海外から取り寄せたレプリカ品を装着。
純正品が入手できた時には、交換したいとのご予約(?)も頂戴しました。
貴重なDC2、これからも大切にお乗りいただければと思います。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

ソケット紛失のロックナット外します。

小澤です。さてさて、今週は意外と良くある盗難防止用のロックナットのソケットを紛失した。
また、個人売買等で買ったクルマにロックナットはついているがソケットが付いてこなかった等は割と多いです。
そういった場合にどうにも出来なければご相談いただけたらと思います。
ほとんどの場合はその場で外すことが出来ます。
マックガードの様な溝のあるタイプのものはお時間頂く事も有りますが、相談だけでもしていただけたらと思います。

今回の車両も溝があるモデルで作業は難航しましたが無事外せました。
自分も何度かありますがパンク修理等の出張作業に行った現地でソケットが無い等のハプニングが起こると、最悪行ったものの何も出来ない、という事も起こります。
この書き込みを読んでいただいたついでに、今一度愛車に盗難防止ナットが付いているか?ソケットは積んであるか?の確認をしてもらえると良いかと思います。
その際ソケットが見当たらなければ是非ご相談ください。

GDB インプレッサ 整備

スタッフ吉田です。
GDBインプレッサ 車検でご入庫です。
オイル漏れもあったので修理のご用命を頂きました。

交換部品は、カム&クランクシール一式、タペットカバーパッキンです。


少し前にタイミングベルトは交換されており、ベルトやプーリーはオイルが飛んでいなかったので再使用する事にしました。


お仕事ありがとうございます。

コルベットC7 スモークプロテクションフィルム施工

RIP広報の原です。
シボレーコルベットC7にスモークプロテクションフィルムを貼らせていただきましたので、ご紹介いたします。


今回は、ヘッドライトとテールランプにスモークタイプのプロテクションフィルムを施工させていただきます。


まずは、綺麗に洗車をして、ゴミやホコリを洗い流します。


飛び石や虫の死骸、擦り傷や紫外線などの影響によってヘッドライトレンズの透明度が低下してしまいますが、プロテクションフィルムを貼ることで、ヘッドライトを保護することが可能です。


施工完了。 スモークタイプのプロテクションフィルムを施工することで、ドレスアップも可能です。
パーツを保護しながらドレスアップも出来る、一石二鳥のアイテムです。


灯火類の色のトーンを若干抑えることで、車体全体が引き締まって見えます。
高級感が増し、純正とは異なる魅力を演出できます。
カスタム&保護をお考えのお客様はお気軽にお問合せ下さい!
お仕事をいただき、ありがとうございました。

ビート 左ドア鈑金修理

RIP広報の原です。
昨年キャンディレッドにオールペンさせていただいたホンダビートがご入庫いたしました。


左ドアの鈑金修理をさせていただきましたので、ご紹介いたします。

オールペン記事→ https://www.rip-jb.com/archives/13136
昨年のオールペン後、各地のイベントに参加され、ビートライフを満喫されていたのですが、あいにく近所で買い物中に駐車場に当てられてしまったとのことです。


被害としては、左ドアのヘコミ、擦り傷とドアミラーの破損です。


まずは、へこんだ鉄板を、引っ張り出します。
この場所は、裏側から叩いたり出来ない場所なので、スタッド溶接機を使って、表から引っ張り出していきます。
細かくデコボコしたところを、ハンマリングで均していきます。


これらを繰り返して表面を整えたら、パテを薄く塗って歪みなどを無くしていきます。


サフェーサーを吹いて、さらに均します。


ドアを塗装します。 キャンディレッドは、まず下色となるメタリックカラーを塗りはじめます。


下色は、カッパー(銅)のような色で少しラメが入っています。


下色の塗装後、半透明の赤色=キャンディレッドを上色として塗り重ねます。


光が半透明の赤色を通り、下のメタリックカラーに反射して、飴玉(キャンディ)のような発色になります。


フロントバンパーも飛び石などの傷を修理します。
キャンディレッドは、特殊な塗装ですので、パーツの一部だけを塗るボカシ塗装が出来ません。
よって、小さなの傷でもパーツ全体の塗装となります。


塗装後、丁寧に磨きます。


フロントバンパーにプロテクションフィルムを貼らせていただきました。
どこに貼ったかわからないくらい、目立ちません。


またRIPのカスタムブランド、RK DESIGNのハチマキも貼らせていただきました。
シースルーのメッシュタイプなので、視認性も良好です。


作業完了です。


小さい車両ですが、エアロやカラーの印象が強く、存在感が大きいですね。
こだわりのビートを、これからも大事に乗っていただければと思います。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

リーフ 板金修理

スタッフの清水です。
日産 リーフの板金塗装依頼を頂きました!
左前後ドアの修理になります。


[ペイント前]
左後ドアは新品未塗装品のペイントになります!


[ペイント後]
ペイント完了です!
ソリッドの黒は傷や歪みが目立つので気を張ってペイントを行いました✊
無事綺麗に塗装出来ました!
次は磨き作業になります!

この度は数あるカーショップの中から、弊社をお選びいただき誠にありがとうございます!
今後とも宜しくお願い致します!

MAZDA3 マフラー&サクションホース交換

スタッフの高橋です。
今回は、MAZDA3にOdulaのリヤマフラーとBLITZのエアサクションホースを取り付けていきます。
取付後の写真です。


刻印とチタンカラーが良い感じになっています。


サクションホースも鮮やかな青でエンジンルームが締まって見えます。
作業のご依頼をいただきありがとうございました。

ベントレー エアサス修理

小澤です。最近のお仕事はベントレー フライングスパーのエアサス修理ですね!
年式的なもので仕方がないのかも分かりませんが、このあたりのベントレーのエアサスはやはり壊れることが多くなってきました…。
前側のエアサスが壊れる事が多く、補修用に安いエアサスが社外メーカーから出ているのですが、結構また壊れちゃう事が多いです…。 かと言ってベントレー純正のエアサスは高額で…と言った感じです…。
今回の車両も何度か社外サスで直させて頂いているのですが、やはり再発しました。 今回はお付き合いの長いオーナー様と言う事で実験的に特殊な方法で修理させて頂きました。 上手く直っていれば良いのですが…しばらく試運転して様子を見てみます。
オーナー様いつもありがとうございます。

BMW M3 パワークラフト取り付け

スタッフの瀬川です。
今週はE90 M3にパワークラフトマフラー取り付けです。


ノーマルマフラーを取り外しまして、パワークラフト取り付けです。
エンジンルーム側からバキュームを取り出して配線していきまして、マフラー側まで配線していきます。また、室内のサウンドコントロールモジュールの取り付け配線などなど、なかなかの作業工程になります。


すべての作業工程完了しましたら、あとは動作チェックして完成です。やはりGood soundですね!!
お仕事頂いてありがとうございました。

ポルシェ911 コーティング

向井です。
今週は、ポルシェ911のコーティング作業です。


ピカピカボディに空が映り込んできれいです。
ご依頼ありがとうございました。