施工事例

カテゴリー別アーカイブ: フィアット・アバルト

Abarth124スパイダー:カナードを装着!

先日、RIPデモカーの124スパイダーにカナードを装着しました。

そして昨日テスト走行も兼ねて、M様の124スパイダーとI様のAE86で、セントラルサーキットでの練習走行をご一緒させていただきました。

いつもの鈴鹿サーキットと違い、ほぼ貸し切り状態。

3台のエキゾーストノートのみがこだまする心地いい空間です。

同じような2台の124スパイダーが走る姿も絵になります。

M様の124スパイダーにも既に弊社のカナードが装着済。

サーキット走行では、カナードを装着されている車両が数多くあります。

カナードの役目はタイヤハウス上部に速い気流を作って、フロントタイヤハウス内部の空気が乱流により引っ張り出され、タイヤハウス内で浮かび上げようとしていた空気が無くなり、ダウンフォースを発生させることにあります。

2枚羽根のカナードですが、3Dプリンター製の1ピース構造。 
ボディとのフィッティングも完璧で、装着は鈑金用の両面テープやボンドで固定。
バリ取りなどの仕上げ作業はしていますが、基本的にプリンターから出来たままの樹脂仕上げになります。

興味のある方はお気軽にお問合せ下さいませ。

アバルト124スパイダー:エンドレスブレーキパッド

先日のブログでBBS・LM装着のご紹介をさせて頂きました、K様の124スパイダー。

ホイールの装着と同時に、低ダストブレーキパッドへの交換のご依頼も頂きました。

ホイールも到着と同時にガラスコーティングを施工させて頂き、ダスト対策もバッチリです!

お勧めさせて頂きましたパッドは、エンドレスのSSS。
純正以上の制動力がありながら、ブレーキダスト、ノイズの少ないので、ストリートユーズにお勧め。
もうひとつ追加でご購入頂きましたのが、ボンネットダンパー。
RIPが台湾の製造メーカーから直接輸入し、販売させて頂いております。
ボンネットのラッチを開ければ、スムーズにオープン。
純正のつっかえ棒の位置から10cm近く高い位置までオープンしますので、整備性も向上。
ダンパーのケース部分は艶ありカーボン。
オフ会などでエンジンルームを見せるときのアピール度もバッチリです!

アバルト124スパイダー:BBS LM 限定色

昨年の124スパイダー・オーナーズ・ミーティングin伊勢でお知り合いになってから、RK DESIGNフロントスプリッターの装着など、様々なカスタムのお手伝いをさせて頂いておりますK様。

ついに、ホイールの装着です! しかも、お選びになったホイールが激渋!
BBS LMの限定色、ダイヤモンドゴールドです。
ローダウンスプリングで程よくローダウンされた車両にチョイスさせて頂きましたサイズは、
17x7.0 +42 + もともと純正ホイールと共に使用されていたワイドトレッドスペーサー。
タイヤはピレリP-ZERO、205/45R17。
2021年の伊勢ミーティングにも参加されます! 本来ならば5月24日に開催されるはずでしたが、コロナ禍の拡大を受け6月27日(日)に延期に。 そのおかげでこのホイールのお披露目が可能になりました。
124スパイダー・オーナーでなくても当日のイベントの見学は可能です。
Abarth 124s Meeting
6/27 9:00~15:00
三重県伊勢市二見町松下1693-1
Beach Club トロピカーナ

124スパイダーが30台も集まるようです!
お天気が心配ですが、124スパイダーに興味のある方は是非遊びに来て下さいね!

アバルト124スパイダー:フルバケ&カーボントランクスポイラー

アルファロメオ・チャレンジでのタイムアタック&レース、そして各種の置き系イベントも楽しんでおいでの、miyaou524様。 6月27日に124s Meeting in 伊勢へ向けて、その後のスポーツ走行のためのメンテナンスでご入庫です。
5月30日のミラフィオーリではRIP/RK DESIGNのデモカーの1台として展示させて頂きました。
その後もセントラル、岡山、鈴鹿をサーキット走行会に積極的に参加中。
ロートラのビッグキャリパーに変更してから1年。 
サーキット走行のマイレージもだいぶ伸び、今後のレースに向けてブレーキパッドの交換などメンテナンスを敢行。

伊勢ミーティング後に到着予定だったBRIDE・ZEATA4が入荷、緊急装着となりました。

フルバケットシートになったことで、サーキットでのドライビングがより確かなものに。今後のライバルとの闘いが楽しみですね。

今回のモディファイのもう一つの目玉が、THREEHUNDREDのカーボントランクスポイラーの装着。
取付は両面テープでの貼り付けと至ってシンプル&DIYフレンドリー。
RIPでは紫外線による変色の抑制のため、装着前にクリア塗装を施しています。
VOLTEXのGTウイングとの相乗効果は未知数ながら、リアビューの迫力は確実にアップ!
明日の伊勢ミーティングでも皆さんの話題の中心になることでしょう!

アバルト124スパイダー:オイルクーラー取付など

アルチャレ(アルファロメオ・アバルト・チャレンジ)参戦中のM様の124スパイダー。

夏に向けて熱対策をさせて頂きました!

エンジンオイルクーラーとトランスミッションオイルクーラーをバンパーのフォグランプベゼル裏に装着。
バンパー奥からサソリさんがチャオ!
世界のセトラブ製オイルクーラーコアにお絵かきしてみました(笑)。
オイルクーラーに風を当てるため、フォルランプベゼルをカット! フォグランプはバイク用LEDランプに交換。
リアバンパーにもダクトを新設しました。 バンパー内部に滞留して抵抗となるエアを抜くためのものです。

こちらの124スパイダーを間近に見て頂けるチャンスがございます!

5月30日(日)に愛知県長久手市のモリコロパークで開催される、欧州車の祭典、ミラフィオーリです。
RIP/RK DESIGNとしてブース出展致します。
124スパイダー以外にもRIPでカスタムさせて頂きました車両が多数参加予定です。
感染症対策をしつつ、遊びにいらしてください!

NDロードスター、124スパイダー用ボンネットダンパー再入荷

ご好評を頂いておりますRIPオリジナル商品、NDロードスター/アバルト124スパイダー用ボンネットダンパーが入荷致しました!

124スパイダーの装着例。

加工無し、ボルトオンで装着可能です。

ダンパーケースは艶ありカーボン。

NDロードスターへの装着例。

ボンネットダンパー装着後は純正ステーより約80mm高い位置までボンネットが上がりますので、作業効率も上がります。

オフ会等でエンジンルーム内を見せるときもすっきりカッコよくエンジンフードをオープンできます。

ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

アバルト124スパイダー:カナード製作

3Dスキャナーとプリンターを活用して、アバルト124スパイダー用のカナードを製作させて頂きました。

装着第1号はアルチャレ(アルファロメオ・アバルト・チャレンジ)を主戦場に活躍中のM様。

サイドビューがこちら。 カナードの役目はタイヤハウス上部に速い気流を作って、タイヤハウス内に滞留するエアを吸い出し、ドラッグを低減、ダウンフォースを生み出すことにあります。 
因みに、装着されているホイールはTWS Motorsports T66-F 17x8.0 +34 4-100、タイヤはヨコハマADVAN A-052 215/40R17。 ブレーキはもちろんロートラで、競技用のスーパーチャレンジ。 4ピストン+328mmフルフローティング・2ピースローター。
2枚羽根のカナードですが、1ピース構造。 樹脂を積層していく3Dプリンターだからこそ可能な造形です。 
ボディとの沿いも完璧で、装着は鈑金用の両面テープで張り付けるだけ!
バリ取りなど、若干の仕上げ作業はしていますが、基本的にプリンターから取り出しただけの樹脂仕上げになります。
市販化に向けて準備を進めておりますので、興味のある方はお気軽にお問合せ下さいませ。
RK DESIGN井上でした。

アバルト2態:124スパイダー&595コンペティツィオーネ

今日はアバルト2台のお仕事をさせて頂きました。

K様の124スパイダーとY様の595コンペティツィオーネです。

K様124スパイダーはカーボンセンターコンソールパネルの取付させて頂きました。
そして、防眩効果のあるブルーのミラーレンズへ交換。 車高の低いクルマなので効果抜群。 ルックス的にもお洒落感が増します。
Y様の595はThreeHundredさん主催の鈴鹿走行会に向けてタイヤを新調。
チョイスされたタイヤはナンカンNS2R、205/40R17。
それまで装着されていたタイヤと同サイズでしたが、ハイグリップのNS2Rは実寸が太く、トラックスタンスって感じのツライチ具合。 サーキット走行でフェンダーに当たりそうなので、装着されていたスペーサーは外ずさせて頂きました。 ちなみにホワイトレターはご自分でペイントされたとのこと。
いろいろな楽しみ方のできるアバルト。
RIPでは皆様の様々なご要望に対応できます。
購入からメンテナンス、チューニング、カスタマイズまで、お気軽にご相談下さい。

アバルト124スパイダー:大型インタークーラー装着

アルチャレ(アルファロメオ・アバルト・チャレンジ)に参戦しているM様のアバルト124スパイダーにアメリカのアバルト専門店、EUROCOMPLUSIONの大型インタークーラーを装着させて頂きました。
ターボ車の宿命、熱だれによるパワーダウンを大幅に改善させることができました!

インタークーラーの装着に合わせ、上下グリルを加工。

上段は純正よりも細かいハニカムメッシュに。 下段のインタークーラー部はメッシュレス仕様となっております。

そのまま付けたのではアピール度がイマイチですので、お客様自作の型紙を使用して、インタークーラーに124スパイダーのロゴをペイントします。

塗装後のインタークーラー。 かなり目立ちます!

車両への装着に際してはリインフォースメントの加工などが必要となります。 配管もRIP独自のレイアウトに変更し、より効率的な排熱を行えるようにしています。 仕上げは3Dスキャナーとプリンターを駆使して製作したシュラウドの取付。 バンパー開口部から取り入れたフレッシュエアを効率的にインタークーラーに当て、余計なドラッグを生み出さないために製作させて頂きました。

 

アバルト 595コンペティツォーネ:クイックシフト取り付け!!

先日ご契約を頂いたY様のアバルト595コンペ

納車前に追加カスタムのご用命を頂きました。

アルミフットレスト、アルミオイルキャップ、そしてクイックシフトの取り付けです。

フットレストの取り付けで、足元が少しレーシーになりました。

エンジンルームも少し高級感が出ました!

オレカのクイックシフトはコストパフォーマンスも高く、コクコクと入るシフトに早変わりです。

これ、意外とおススメのパーツです。

アバルト乗りの方、ぜひお試しください。

車販部 小倉