施工事例

カテゴリー別アーカイブ: ホンダ

ホンダS2000:フロントスプリッター・リアアンダースポイラー取付

色々とカスタムさせていただいているS2000がご入庫いたしました。

今回はフロントスプリッターとリアアンダースポイラーの取付です。
昨年取付させて頂いたトヨシマクラフトのカーボンサイドステップに合わせて、前後ともカーボンです。


取付前


フロントスプリッターはお持ち込みのノンブランド品。 この純正フロントリップに適合するものがなかなかないそうです…。

リアアンダースポイラーはシーカー製をご購入いただきました。


まずフィッティング(仮合わせ)をして、調整・加工をします。
仮合わせしてみると、特に問題なく取り付けられそうです。


続いて下地処理の後、クリア塗装の施工です。
クリア塗装をすると艶だけでなく、耐久性も大幅にアップします。


パーツの固定はビス止め&鈑金用ボンドを併用。 これで完成です。


ステアリングも合わせて交換。 ステアリングはレナウン130R・Gレザー。
ホーンボタンはNA2/NSX・Type-S純正を流用して装着。

シーカー・リアアンダースポイラーType-S。
130以降のAP1及びAP2の純正リアバンパー+シングルマフラーに対応するリアアンダースポイラーです。
サイド部分がスプリッター形状になっていて、サイドスプリッターとのつながりもGood!


3つ別々のブランドの製品ですが、フロント・リアが追加されたことで、サイドスプリッターのみの時よりもまとまり感が出ました。

オーナー様のパーツ選択の勝利ですね!
空力的にもきちんと効果がありそうですし、更にドライビングを楽しんで頂けると思います。
お仕事をいただき、ありがとうございました。

ホンダ オデッセイアブソルート:車高調サスペンションの取付&アライメント調整

オデッセイ アブソルート ハイブリッドがご入庫いたしました。

今回のオーダーは、車高調サスペンションの取付&アライメント調整です。

サスペンションは、お持ち込みのBLITZ ブリッツ 車高調 ZZ-R。

問題なく、装着できました。

サスペンション取付後は、アライメント調整もきっちりさせて頂きます!


RIPではサスペンションキットがきちんと機能するよう、取り付け作業とアライメント調整はセットメニューとさせて頂いております。
持込パーツの取付も大歓迎です!


サスペンション取付&アライメントもお任せ下さい!

お仕事をいただき、ありがとうございました。

 

ホンダS2000:車高調整 純スタンス化

M様のS2000、車高調整でご入庫です。
今まではRPF1 17x9.0に255/40R17のネオバ履きで、トラックスタンス風で決めていましたが、今回は純スタンス風にローダウンのご依頼です。 ショーカーではないので、デニーズにもドン・キホーテにも、イオンモールにも行ける範囲でできるだけクールに仕上げようというのが今回のミッション。

タイヤをムチムチのネオバからニットーNT555G2、225/45R17へ。

普段乗りできる範囲の引っ張りにして、車高を決めます。 ゼロリフトを使用して、車高を下げた状態を再現しながらお客様の求めるルックスとフェンダーの干渉などの問題点すり合わせながら下げ幅を決めていきます。

下げ幅が決まったら早速作業にかかります。 まずはタイヤのトップがフェンダートップとミートするくらいまで下げてみます。 ここで、一度着地させてフェンダーとの干渉具合を確認。 フロントがかなり厳しいようなので、微調整。

車体で前後共以前の車高から15mmダウンを狙い調整。 

とりあえずの完成状態。 オーナーさんにこの状態で暫く走ってもらい、日常使いでフェンダーとの干渉があれば、後日車高やスプリングの見直し、またはフェンダーの加工をする予定。 
はやる気持ちを抑えつつ理想の姿へ向けて一歩一歩進めて行きましょう!

ホンダCR-Z:リアスポイラー装着&ストップランプ移植

三重県からいつもお越し頂いているホンダCR-ZオーナーのY様。
久々のビッグプロジェクトに着手です。

今回はお客様が購入されたテラフォース製リアスポイラーの塗装と装着のご依頼。 

ホイールと同色のイエローでアピール度満点!

イメージはドイツ空軍のエースパイロットが乗るメッサーシュミット。

無難にボディ同色とかピアノブラックをご提案したのですが、
お客様のクリエイティビティのほうは勝っていました…脱帽です!

仮合せをして、フィッティングの調整をします。 
ギリギリですが、リアバンパーからはみ出ないので、構造変更は不要です。 

テラフォースのリアスポイラーを加工してCR-Z純正ストップランプを移植。
ゴールド免許保持者であるオーナー様のため、安全装備を完璧に機能させつつ、しかもカッコよく仕上げたい!
ということで、手間も費用も一番かかってしまう作戦にゴーサインを頂きました。 
続いて表面の処理をします。 積層過程で入ってしまった気泡、表面のうねりなどを丁寧に慣らしていきます。

ここを頑張っておくと仕上がりがとてもきれいになります。

下地の処理が済んだら、いよいよ塗装です。

この後、磨きの行程を経て、ハイマウントストップランプの配線加工、車体への取付となります。

純正スポイラーのように自然にマウントされたストップランプにオーナー様も大変喜ばれていました。
この度はチャレンジングなお仕事を頂戴し、ありがとうございました!

ホンダ S660 シート部分張替え 千鳥柄 生地

こんにちは、RIP内装部門 ケイファイブの黒瀬です。

ホンダ S660 のシートとドア内張りパネルの張替えご依頼頂きましたので、

紹介させて頂きます。

シートは、センター部分のみ張替え、ドア内張りは、純正オプションの貼り付けパネルを

シートと内装の雰囲気に合わせて張替えのご依頼です。

生地は、白、黒の千鳥柄(ぺピタ、ハウンドトゥース)の生地を使用させて頂きました。

ドア内張りは、千鳥柄の生地とイタリアのアルカンターラを使っています。

糸は、アマン社のセラフィルを使用しています。

千鳥柄の生地は、織が荒い感じで、現行車にも似合う生地で、あまり出回っていない生地だと思います。

張替え後↓

 

IMG_4357 IMG_4349 IMG_4353 IMG_4352 IMG_4364 IMG_4346

 

↓張替え前

 

IMG_4271

 

ご依頼ありがとうございました。

千鳥柄の生地は、生地の切り売りもしておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

いつまで入手出来るかわからない生地ですので、気になる方は、お早めにお問合せ下さい。

オデッセイ:HKS車高調装着

RIPのリピーターさんからのご紹介でご来店頂きましたO様。
カスタム初心者ということですが、欲しいパーツをしっかりリサーチしていらっしゃり、商談もスムーズに進行。

カスタムの王道、ホイール&タイヤ交換、そしてローダウンをご希望とのこと。 予算内で収まる安いモノもご提案しましたが、パーツには妥協したくない。 そこで、今回はお客様と共に長期戦で臨むことに。

ご来店頂いたのが秋口ということもあり、今からホイールを注文しても届くのが真冬。 その間はスタッドレスタイヤを使用することになるので、ホイールの注文は冬のボーナスが出た後にしましょう!とご提案。 サスペンションキットはミニバンユーザーの間で好評のHKS Hyper-MAX S-Style L。

まずは車高を下げて、キャンバーの付き具合を見極めて、純正ホイールからフェンダーまでのギャップを計測。
そのデータをもとにできるだけカッコいいサイズを割り出します。
ローダウンとホイール交換は同時に行いたいところですが、ツライチ・セットアップなど妥協したくないユーザー様はまずはローダウンから。
O様には暫くの間、ローダウン+純正ホイールで我慢して頂きます。
これもカッコいいホイールのためのプロセスということで、何卒ご辛抱下さい!
ホイールの取付もブログで紹介させて頂きたいと思います。
この度はありがとうございました!

FK7シビック:グリル&リアウイング

先日柿本のマフラーをご購入頂きましたT様のFK7シビック。
今回は社外品のフロントグリルとリアウイングを装着させて頂きました。

10月31日に高尾嵐山パークウェーで開催されてFKシビック・ミーティングにて無事お披露目。

 

オーナー様にも満足して頂き、我々も嬉しい限りです!

施工途中のフロントグリルとアイライン。 塗装済品で、フィッテングも良くなかなか優秀です。 しかしながら、グリルの交換にはバンパーの脱着も必要なので、作業はプロにお任せ下さい。

日本より海外で人気のFKシビックは国内ブランドからエアロパーツがあまりリリースされておらず、オーナー様といろいろ悩んだ末、リアウイングも海外通販を頼り、台湾製と思われるタイプR風に。 

ウイング本体がカーボン仕様という豪華版。 カーボン部分は保護+艶出しのため、工場出荷時のクリアを剥がし、弊社独自のクリア塗装を施しております。 翌端板はボディ同色とせず、敢えてピアノブラック+ふちの部分ボディ同色の塗分けにさせて頂き、他のR風ウイングユーザーとの差別化を図りました。  

FKシビックがずらり! 結構激しくカスタムされている方も多いようです。
RIPではあまりカスタムの実績のない車種ですが、これから増えそうな予感…。
通販で購入した商品の持込取付も歓迎です。 お気軽にご相談下さい。

※写真は2枚目を除き、オーナー様よりご提供頂きました。

フィット: ブレーキパッド交換&タイヤ新調

8月のプロトドライブさん主催の走行会でスポーツ走行に目覚めてしまったM様。 
GP5フィットRSにサーキット走行を安全に楽しんでもらうためのアイテムを投入です。


サーキット・デビュー前から車高調サスペンション、バケットシート、鍛造ホイールが装備ずみの、マイルド走り屋仕様でしたが、今回はブレーキパッドとタイヤをアップグレードします。


ブランド不明の社外品から、エンドレスMX72へブレーキパッドを交換! サーキットでの制動力、コントロール性の良さはもちろん、ストリート走行でも音鳴きが少なく、ライフ/スポーツ・バランスのとても良いパッドです。


今までTE37に純正装着タイヤを嵌めていましたが、ダンロップ・ディレッツァZIIIへ。 やる気満々のトレッドパターンでテンション上がります! でも、このZIIIもスポーツ性能と実用性のバランスで選ばせて貰いました。 ハイグリップタイヤとしてはライフも長く、雨天のドライビングにも不安はありません。 スポーツ走行初心者にオススメのタイヤです。
タイヤ、ホイールのご相談もお気軽に!

FK7シビック:柿本マフラー装着

FK7シビックに柿本改のマフラーを装着させて頂きました。

今回ご購入頂きましたマフラーはフルステンレスの「Regu.06 & R」。 車検対応モデルです!
車検対応ながら、加速力、高速での伸びも体感できるハイパフォーマンス・エキゾースト・システムです。
ブルーの焼き入れテールチップがブルーのボディとマッチしていてルックスもいい感じ。


届いたマフラー。 全体が3分割されています。 エキゾーストパイプのレイアウトはかなりストレートに近いのですが、センター出しのサイレンサーから左右にハンガーが長く伸びており、正方形に近い箱で届きました。
純正は触媒後から出口まで1本もので、車体の3分の2くらいの長さがあります…。


柿本(上)、純正(下)。 純正としては凝ったテールチップですが、柿本Regu.06 & Rの迫力には到底かないません。 車検対応マフラーのため、音量は控えめですが、排気音はディープトーンに変化し、吹け上がりの良さと相まって、ドライビング・フィーリングはかなり向上致します。 「きちんと慣らし運転をして下さい}とお願いしましたが、「気持ちいいんで、ついつい踏み込んじゃいました(笑)」、とオーナー様には大変喜んで頂いております。

S2000:トヨシマクラフト・カーボンサイドステップ

素晴らしいコンディションを保っているM様のS2000がご入庫。

今回はトヨシマ・クラフトさんのカーボンサイドステップ(平織)をご購入頂きました。 フィッティングも良く、仮合わせ後の調整作業もほとんどなく、クリア塗装から取付までスムーズに作業させて頂きました。


ボディにブラインドリベットを打ち込み、ボルトオン装着をさせて頂きました。 ボンド、両面テープを使用しておりませんので、今後整備でジャッキアップする際などはサイドスカートを比較的簡単に取り外して頂けます。


装着前の写真です。 
一番上の装着後は引き締まって見えますねぇ~。 空力的効果はもちろん、視覚的効果もバッチリです。 人間の目線で見降ろした際にサイドシルと地面の間をサイドステップの飛び出し部分が遮るので、よりローダウンしているように見えます。 S2000のプチ・エアロチューンにいいアイテムですね。